自動運転レベル2をレクサス車に新採用! ベース車66万~98万円高で将来の発展性も見込む高度自動運転システムを搭載

©株式会社MOTA

トヨタは2021年4月8日(木)、高度運転支援機能「Advanced Drive(アドバンスド ドライブ)」を、4月に発売する「レクサス LS」と「トヨタ MIRAI(ミライ)」にそれぞれ搭載すると発表した。高速道路や自動車専用道における「自動運転レベル2」に相当する運転支援機能となり、ハンズオフ(手放し運転)も可能。機能更新や追加といったソフトのアップデートを車両の通信機を用いて行うほか、車両からの画像等の走行データをトヨタのサーバーに送信し、将来の自動運転に向けた研究開発にも役立てる。

トヨタの高度運転支援技術・新機能「Advanced Drive」[レクサス LS/トヨタ MIRAI(2021年4月8日発表)]

自動運転レベル2に対応! 高速道路など特定の環境下で動作

トヨタは2021年4月8日(木)に発表した高度運転支援機能「Advanced Drive(アドバンスド ドライブ)」は、に相当し、高速道路や自動車専用道路の本線上を走行時に、ドライバーの監視のもとで運転の支援(自動運転機能)を作動させるもの。

他メーカーでは、(レヴォーグに搭載)や(スカイラインに搭載)などと近い機能となる。

アドバンスド ドライブの具体的な機能としては、ナビゲーションシステムで目的地を設定後、高速道路や自動車専用道路の本線上で、ブレーキ・アクセル・ステアリング操作といった運転の支援(いわゆる自動運転)を行う。走行条件が整うと、手放し運転(ハンズオフ)も可能だ。なおアドバンスド ドライブは120km/hまでの利用が出来る。

なおドライバーは常に運転状況を監視する必要がある。車両にもドライバーモニターカメラが設置され、運転者の視線などを監視し、必要に応じて警告などを行う仕組みも有する。

自動運転レベル3への発展性も考慮!? 他社を上回る高度なマルチセンシングシステムを搭載

「マルチセンシングシステム」のイメージ

アドバンスド ドライブのシステムは「マルチセンシングシステム」と呼ばれる複数のセンサーを用いて動作する。

レーダー、デジタルカメラ映像のほか、LiDAR(Light Detection and Ranging:ライダー/赤外線レーザーセンサー)を用いて車両の周囲をセンシング(計測・判別)。さらに高精度地図情報と組み合わせることで、道路と周辺の環境をきわめて高精度に認識させる。

また走行時に得られる膨大な情報についても、AI技術を用いながら予測・対処も行う。

高価なLiDARは、同じ自動運転レベル2を実現するスバルや日産でも用いていない。トヨタのシステムは今後「自動運転レベル3」への展開も見据えたハイスペックな仕様であることをうかがわせる。

アップデートで常に最新に! 個々の車両データも将来の自動運転社会のために記録へ

アドバンスド ドライブを搭載した「レクサス LS」

アドバンスド ドライブは、車載通信機もしくは販売店での優先接続により、制御ソフトおよび高精細地図データを常に最新の状態に保つソフトウェアアップデートが実施される。購入後もクルマへ新たな機能追加や性能向上が実現し、最新の運転支援技術を備えたクルマへと進化を続けることになる。

アドバンスド ドライブを搭載した「トヨタ MIRAI(ミライ)」

いっぽうアドバンスド ドライブでは、車外画像データといった車両の走行データも記録。トヨタのサーバーへの送信を行い、今後の自動運転、先進安全技術、地図関連技術等の研究開発に役立てる。

トヨタではデータの記録に際して、個人情報保護法を遵守した上で、車両ユーザーやカメラに写り込む人などのプライバシーに配慮した対応を行うとしている。

アドバンスド ドライブを搭載した初の市販モデルは、レクサスの際高級セダン「LS」(1632万円~1794万円、ベース車に対し66万~98万円高)と、トヨタの燃料電池自動車(FCV)「MIRAI(ミライ)」(845万円~860万円、ベース車の55万円高)。

LSは4月8日から、MIRAIは4月12日からそれぞれ発売を開始する。

アドバンスド ドライブの高度な機能については、フォトギャラリーの画像も併せてチェックして欲しい。また今後、車両テストなどを通じて、アドバンスド ドライブのレポートを行っていく予定だ。

[レポート:MOTA編集部/撮影:トヨタ・レクサス]