スバル 2021全日本ラリー第3戦唐津 ラリーレポート

©株式会社サンズ

2021.04.12-全日本ラリー選手権 第3戦 ツール・ド・九州2021 in 唐津

トラブルに泣いた新井敏弘、次戦以降の挽回誓う

 2021年の全日本ラリー選手権第3戦ツール・ド・九州2021 in 唐津は4月11日(日)の競技最終日を終えて、総合5番手からの追撃を図っていたSUBARU WRX STIの新井敏弘/田中直哉は、この日5本目となるSS9でエンジントラブルによりストップ、残念ながらリタイアとなりました。

■挽回期した猛追も実らず

 SS5~SS10の計6SS、SS走行距離35.38kmという構成のラリー最終日、連日の快晴の下、新井は前日のスピンでの遅れを取り戻すべく、この日も限界ギリギリの走行を続けました。
 
 SS5は強力なR5勢2台に次ぐ総合3番手タイムで上位との差を詰め、SS6では5番手タイムに留まったものの続くSS7でも諦めずにアクセルを踏みました。

 そんな新井を不運が襲ったのはステージフィニッシュまであと約3kmの地点でした。突然のガス欠症状に見舞われたWRX STIはペースダウンを余儀なくされて大きくタイムロス、ここで順位挽回の望みは断たれてしまいます。
 
 このトラブルの影響が出たのが、サービスを挟んで迎えたラリー最終セクションでした。SS8を総合3番手タイムでまとめて臨んだフィニッシュまであと2SSとなったSS9、スタート後1km地点でエンジンがまさかのストップ。新井はここで無念のリタイアとなってしまいました。

 なお、JN3クラスに出場しているSUBARU BRZは鈴木尚/山岸典将がクラス2位、加納武彦/横手聡はクラス8位でフィニッシュしています。

富士スバル AMS WRX STI 2021全日本ラリー第3戦唐津
富士スバル AMS WRX STI 2021全日本ラリー第3戦唐津
エンジントラブルでリタイアとなった富士スバル AMS WRX STI 2021全日本ラリー第3戦唐津
リタイアを喫した富士スバル AMS WRX STI 2021全日本ラリー第3戦唐津
新井敏弘(富士スバル AMS WRX STI) 2021全日本ラリー第3戦唐津
ディーラーメカニックとしてJRC第3戦唐津に参加した小左井勝輝さん(熊本スバル株式会社 玉名店)

この記事はいかがでしたか?