ウズベキスタンで綿の種まき始まる

©新華社

ウズベキスタンで綿の種まき始まる

9日、ウズベキスタンのフェルガナ州で、播種機に綿の種子をセットする技術職員。(フェルガナ=新華社配信)

 【新華社フェルガナ4月12日】ウズベキスタンは世界の主要な綿花生産国で、生産量の多さから「白金(プラチナ)の国」と呼ばれている。同国農業水資源省のデータによると、昨年の綿花生産量は380万トンに達し、前年同期比で9%増加した。

ウズベキスタンで綿の種まき始まる

9日、ウズベキスタンのフェルガナ州で、綿の播種状況について話す技術職員。(フェルガナ=新華社配信)

ウズベキスタンで綿の種まき始まる

9日、ウズベキスタンのフェルガナ州で、播種機に綿の種子をセットする技術職員。(フェルガナ=新華社配信)

ウズベキスタンで綿の種まき始まる

9日、ウズベキスタンのフェルガナ州で、トラクターを運転して種をまく技術職員。(フェルガナ=新華社配信)

ウズベキスタンで綿の種まき始まる

9日、ウズベキスタンのフェルガナ州で、綿花生産者に種の説明をする技術職員。(フェルガナ=新華社配信)

ウズベキスタンで綿の種まき始まる

9日、ウズベキスタンのフェルガナ州で、綿花生産者に種の説明をする技術職員。(フェルガナ=新華社配信)

ウズベキスタンで綿の種まき始まる

9日、ウズベキスタンのフェルガナ州で、トラクターを運転して種をまく技術職員。(フェルガナ=新華社配信)

ウズベキスタンで綿の種まき始まる

9日、ウズベキスタンのフェルガナ州で、トラクターを運転して種をまく技術職員。(フェルガナ=新華社配信)