綾野剛が明かす幸せを感じた瞬間「僕にとっては現場がすべてなので…」

©株式会社フジテレビジョン

俳優の綾野剛が起用された高カカオチョコレート商品「カカオの恵み」の新CMが4月13日(火)より、全国でオンエア開始された。

本CM「商品名に偽りなし」篇は、シズル感あふれるチョコレートの映像と、開放的なビルの屋上で商品を味わう綾野の幸せに満ちた表情を描いている。

撮影では、大人の落ち着いた魅力あふれる表情から可愛らしくチャーミングな表情まで、綾野から次々と繰り出されるバリエーション豊かな表現にスタジオスタッフも思わず釘付けになったという。

監督と綿密な打ち合わせを繰り返し、一切妥協することなく何カットも撮影を行う様子はこだわりそのものだとか。

また、綾野が「思いついたものがあるので、やってみましょう」と提案する場面も。綾野のものづくりに対する真摯さ、現場への深い想いが垣間見え、その度に「次はどんな綾野剛さんが見られるのか」とスタッフ一同わくわくした雰囲気の中で撮影は進んでいったそうだ。

<綾野剛 コメント>

――撮影を終えてのご感想とエピソードを教えてください。

商品の魅力をどう伝えるかということに、真摯に向き合う現場の姿勢を拝見し“自力”ではなく“総合力”で作っていける最高のチームだと確信できました。

――撮影でこだわった点を教えてください。

「ギフトのように両手で届ける」ということです。見てくださっている方々に「商品と出会ってほしい」という願いを意識して作っていきました。

監督や各部署もそのことを意識し、一方的に情報を伝えるのではなく、贈り物として(映像を)作っていくことができたと思います。

――本商品を初めて食べたときの感想を教えてください。

驚きました。高カカオチョコレートは苦いという前提でいたんです。今までの高カカオチョコレートは、体に良いとされている一方、普段味わうことがない強度がある、という印象を持っていたんです。

ですが、「これ高カカオチョコレートなのか」という新しい出会いがありました。

――どんなシーンで味わいたいですか?

高カカオチョコレートのジャンルは、美容や美意識の高い特定の人から始まった事で多くの人に知られるきっかけになりましたが、今回、自然に生活の一部として、いろんな人に届けられる商品になりました。

だからこそ、特別な時に食べるというよりは、普遍的な自分たちのライフスタイルの中で共存できるチョコレートだと思うんです。

自分の近くにあるものとしてすごく親近感があります。この商品に出会ったら、高カカオチョコレートに親近感の無かった人も身近に感じられるようになると思います。

――高カカオチョコレートの“コク深い味わい”にかけて綾野剛さんの人生に「深み」を与えた出来事はありますか?

今日の現場が「深み」を与えてくれました。皆さんの、この商品への思いを感じることができたのが、とても幸せでした。

僕らのところに届くずっと前から、商品に対して向き合ってきた人たちがいて、CMを撮影できることにワクワクしている、ということに奥深さを感じましたし、(みなさんに届ける)最後の大切な作業をみんなでできたことが僕にとっての「コク深」でした。

――チョコレートと幸せには密接な関係があるといわれていますが、最近綾野剛さんが感じた幸せは何ですか?

今日です。僕にとっては現場がすべてなのでそこでの出会いは自分にとって人生だと思っているんです。

初めましての人も、つい最近一緒にお仕事した人もみんな一緒に、いろんなことをシェアしながら1つの商品への思いをほとばしらせているっていうのはとても美しいし、幸せだなと思います。座組の一員になれたことを感謝します。

――監督と一緒にCMを作り上げていた様子が印象的でしたが、表現するうえで大切にしていることはありますか?

総合芸術としての意識をとても大事にしています。俳優部以外のことを気にすることを、意識を超えて当たり前にやっているような感じです。