春の農作業に備え耕運と石灰散布始まる 湖南省

©新華社

春の農作業に備え耕運と石灰散布始まる 湖南省

 13日、湖南省益陽市資陽区新橋河鎮毛家山村で、石灰散布・耕運一体機を運転し、作業を開始する「水稲十代全程服務聯合社」のスタッフ。(益陽=新華社記者/陳沢国)

 【新華社益陽4月14日】中国湖南省益陽市資陽区新橋河鎮毛家山村の田畑で13日、春の農作業に向けた耕運と石灰散布が行われた。同区では、適量の石灰を散布できる旋回式耕運一体機の普及により、土起こしと石灰のすき込みが同時にできるようになり、農業のコスト削減と効率向上につながっている。

春の農作業に備え耕運と石灰散布始まる 湖南省

 13日、湖南省益陽市資陽区新橋河鎮毛家山村で、石灰散布・耕運一体機を運転する「水稲十代全程服務聯合社」のスタッフ。(益陽=新華社記者/陳沢国)

春の農作業に備え耕運と石灰散布始まる 湖南省

 13日、湖南省益陽市資陽区新橋河鎮毛家山村で、石灰散布・耕運一体機を運転する「水稲十代全程服務聯合社」のスタッフ。(益陽=新華社記者/陳沢国)

春の農作業に備え耕運と石灰散布始まる 湖南省

 13日、湖南省益陽市資陽区新橋河鎮毛家山村で、石灰散布・耕運一体機を運転する「水稲十代全程服務聯合社」のスタッフ。(益陽=新華社記者/陳沢国)

春の農作業に備え耕運と石灰散布始まる 湖南省

 13日、湖南省益陽市資陽区新橋河鎮毛家山村で、石灰散布・耕運一体機を運転する「水稲十代全程服務聯合社」のスタッフ。(益陽=新華社記者/陳沢国)