トヨタ プリウス 次期型は早ければ2021年内発表!? 全車プラグインHV化か

©株式会社イード

トヨタ プリウス 次期型の予想CG

ハイブリッドカーの代名詞となったトヨタ『プリウス』。その次期型に関する情報を、スクープサイト「Spyder7」が入手した。パワートレインとともに注目されるデザイン、そして登場時期を予想する。

初代プリウスは1997年に「世界初の量産ハイブリッド自動車」として発売。2003年の第2世代では、5ドアファストバックへボディスタイルをへ大きく変更。圧倒的な燃費性能を武器に、日本や北米を中心にプリウスブランドの不動の人気を確立した。

2009年の第3世代ではボディサイズを大型化したほか、エンジン排気量を拡大。販売ランキング首位を独占し続けた。初めてPHV(プラグインハイブリッド)を設定したのもトピックだ。現行型は第4世代で2015年から販売されている。

そして第5世代目となる次期型だ。Spyder7がつかんだ情報によれば、ワールドプレミアは、早ければ2021年内、遅くとも2022年内と予想される。2018年にはトヨタ上層部が、次期型では「新しい方向性を見出す必要性がある」と発言しており、さらに大胆な転換を迎えることになりそうだ。

注目のパワートレインだが、1.8リットル直列4気筒+アップデートされた電気モーターのPHVのみの設定が噂されている。安全装備では、最新世代の「トヨタセーフティセンス」を標準装備、複数のセンサー、ミリ波レーダーにより、ドライバーや同乗者の安全を確保してくれる。

デザインについては確定情報はないが、ボディサイズは拡大されるだろう。さらに空力性能を押し出したロー&ワイドなスポーティスタイルか、あるいは流行りのSUV要素を取り入れたハイライディングモデルとなるか…今回Spyder7では、ハイライディングスタイルを前提に、そのデザインを予想してみた。

ハイリフト&ワンモーション型のハイライディング・クーぺスタイルに変更され、フロントからリアまで、全体にシャープなキャラクターラインを配置。タイヤハウジングも新デザインの膨らみを持たせ、迫力感が強調。

ボンネットからグリルにかけてのV型デザインを採用し、ヘッドライトは細目3連型ビームからAピラーにつながる新デザインで未来感を演出。ディフューザーには縦型LEDを配置した。アンダーグリルは大型化、スカート部にはアンダーガードを装着し、ハイライディングモデルらしいエクステリアとした。

これまでハイブリッド市場をリードしてきたプリウスだが、今後はEVやPHVを含めた電動化車両の急先鋒として市場をリードする役割を担うことになりそうだ。世界が注目する次期型プリウス。最新情報が入り次第、スクープ情報をお届けする。