春季高校野球 観客千人めど 県高野連、2年ぶり開催へ

©株式会社岩手日報社

 県高野連は14日の理事会で高校野球春季大会を2年ぶりに開催する事業計画案を示した。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、観客は1試合当たり千人を目安に制限する。16日の評議員会で正式決定する。

 昨年の春季大会はコロナの影響で中止。夏に開催した独自の代替大会と秋季大会は原則無観客で行われた。

 春季東北地区高校野球の地区予選は4月下旬から開催。沿岸南と沿岸北を統合した沿岸地区など6地区で29枚の代表切符が争われる。県大会は5月14日から一関市の一関運動公園球場などで実施。出場チームの控え選手や保護者の入場を優先する。

この記事はいかがでしたか?