2021春の北信越地区高校野球福井県大会4月16日火ぶた 開幕戦は武生―勝山

©株式会社福井新聞社

福井県営球場

 春の北信越地区高校野球福井県大会(福井新聞社後援)は4月16日、開幕する。参加30チームが北信越大会の出場1枠を懸け、熱戦を繰り広げる。

⇒春の高校野球福井県大会トーナメント表

 2020年秋の県大会で優勝した敦賀気比、準優勝の福井商、3位北陸、4位美方の順に第1~4シードとなった。今春の選抜高校野球大会に出場した敦賀気比や、福井市長旗争奪大会を制した福井工大福井が軸になりそうだ。優勝校は北信越大会(6月5日から4日間・新潟)に出場する。

 試合会場は福井市の県営球場と敦賀市総合運動公園野球場。開会式はなく、16日午前8時半から県営球場で、開幕戦に臨む武生、勝山の2校が開始式を行う。

 9日間の日程で16~18日に1回戦、24、25日に2回戦、29、30日に準々決勝を行う。準決勝は5月2日、決勝は同4日の予定。準々決勝以降の会場は県営球場。

 1回戦の観戦は、部員や事前申請した保護者らに限定される。2回戦以降は未定。

 ■福井新聞D刊で全試合全打席を速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で春の高校野球福井県大会の全試合全打席を速報します。プレー写真も更新し、スマートフォンやパソコンで試合の流れが楽しめます。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開します。

⇒福井新聞D刊の会員登録はこちら