一風堂×家系!? 新メニュー「醤油豚骨」を肉マシで食べてみた

©株式会社マイナビ

人気ラーメンチェーン「一風堂」が、2021年4月12日より期間限定商品「醤油豚骨」を販売開始。「一風堂が家系ラーメンを作った!? 」との発売前からの噂を聴きつけて、早速食べに行ってみた。

一風堂が"家系ラーメン"を商品化

やってきたのは、つくばエクスプレス「浅草駅」A1出口より徒歩1分の「一風堂 浅草ROX・3G店」。六区ブロードウェイ沿いの商業施設1階にあり、浅草を訪れた人や地元の人々が行きかう活気ある界隈にあるお店だ。店頭にはこの日が発売初日となる「醤油豚骨」の告知ポスターがズラリ。そうした効果もあるのか、午後の早い時間帯ですでに多くの人が注文していたそうだ。

これまでもさまざまな新商品を開発・販売してきた一風堂。今回の「醤油豚骨」(普通920円/大盛1,070円)は、噂通り見た目が思いっきり「家系」っぽい。果たしてどんな味なのだろうか? 今回は「醤油豚骨」に「チャーシュー4枚」(310円)「半熟煮卵」(110円)をトッピングしてガッツリいただいた。

食べ応え満点の一杯を実食!

スープはにんにくを漬けた醤油をベースに一風堂ならではの臭みがなくマイルドな豚骨スープとかけあわせ、鶏油を加えている。飲んでみると、濃厚さというよりは、かなりマイルドさが際立っていて、後から醤油の濃い味が喉にくる感じだ。鶏油の香ばしさとまったりした後味もある。

麺は通常の博多細麺の2倍以上、直径3mmの極太麺。これまでの一風堂のラーメンでは体感したことがないほど、箸上げが重たい。もちもちした滑らかな麺は喉ごしもよく、260gのボリュームで食べ応え満点。

チャーシューは、表面に焼き目が付けられており、豚バラ肉の旨味、香ばしさが楽しめる。とても柔らかく、醤油豚骨スープともマッチしていて、デフォルトで2枚+トッピング5枚の合計7枚のチャーシューもペロリと食べられた。

ラーメンだけでも満足度は高いのだが、「醤油豚骨」を注文すると「白ごはん」が無料でついてくるという嬉しいサービスも有り。ごはんの上にトッピングの半熟煮卵を2つに割って乗せ、スープにひたした海苔で煮卵とごはんを包んで食べると、とろとろの黄身とスープ、絶妙な炊き加減のごはんが相まって最高すぎる美味しさ! これは絶対おすすめ。

尚、裏技的情報として“白ごはんはおかわりもOK”とのこと。さらに、無料で提供されるにんにくや紅ショウガ、お酢などを加えて味変しても良し。ラーメン、白ごはんともにたっぷり味わいながら完食。いやあ、美味しかった~ごちそうさまでした!

一風堂らしくマイルドで上品さもありつつのガッツリ系、という感じで全体的にしつこくないので、最近濃厚ラーメンは遠慮ぎみな世代の人にもおすすめ。「醤油豚骨」は、全国の一風堂およびフードコート専門業態 「IPPUDO RAMEN EXPRESS」92 店舗にて期間限定で販売中。

岡本貴之

おかもと たかゆき

この記事はいかがでしたか?