『ジェントルメン』‟Fワード”が飛び交う、紳士たちの軽快な会話をマシュー・マコノヒー、コリン・ファレルらが振り返る

©株式会社近代映画社

ガイ・リッチー監督最新作『ジェントルメン』が、5月7日(金)より公開。ひねりを効かせたプロットとイキで愉快なセリフの応酬の‟ガイ・リッチー節”全開の本作より、“紳士たち”が発するセリフについてマシュー・マコノヒーやコリン・ファレル、ヘンリー・ゴールディングらが振り返る特別映像を公開!

「血が流れるぞジジイ」と罵られ、「流れるのはお前の小便だ」と返すコリン・ファレル演じるコーチのイキなセリフ回しは、無駄な争いを避けようという紳士的な対応と解釈できなくもない。

そして、「クソジジイめ!墓に小便してやる」と言い放つのは、世代交代を狙う若きチャイニーズ・マフィアのドライ・アイを演じたヘンリー・ゴールディング。ゴールディングは次のように語る。「“F”と“C”が付く言葉を役で言ったのは初めてだ。それも憎悪を込めてね」と明かし、「正直なところ、気持ちがすっきりする(笑)」と吐露。続けて、次のようにも明かす。「ガイが“カット”のあと“楽しんだろう?” 僕は“楽しすぎた”と(笑)」。

その他、「こいつはPhuc。発音は“ファ・アック”」のようなギリギリセーフなFワード?や、ゲスな私立探偵・フレッチャーを演じたヒュー・グラントの「卑猥だな。気に入った」というセリフなど、随所にちりばめられたcolorful language(下品な言葉)の数々。

これは紳士の顔した一流の“ワルたち”による騙し合いであり、罵り合いなのだ。しかし、そんな罵り合いにもどこかユーモアとセンスを感じるのは、ガイ・リッチー監督およびキャストたちが楽しんでいるからに違いない。ぜひ、このシャレたセリフ回しと、リズミカルなFワードが飛び交う様を楽しもう。

ジェントルメン

5月7日(金)公開

監督・脚本・製作/ガイ・リッチー
出演/マシュー・マコノヒー、チャーリー・ハナム、ヘンリー・ゴールディング、ミシェル・ドッカリー、ジェレミー・ストロング、エディ・マーサン、コリン・ファレル、ヒュー・グラント
配給/キノフィルムズ
© 2020 Coach Films UK Ltd. All Rights Reserved.

SCREEN6月号(4/21発売)にて、マシュー・マコノヒーのインタビュー、『ジェントルメン』記事を掲載