悪の秘密結社はなぜ日本ばかり狙うのか――?「ゴジラ」「ウルトラマン」特撮を“ガチの化学”で考察した書籍刊行

©株式会社イード

「特撮の地球科学」

『ゴジラ』や『ウルトラマン』などの特撮を、“ガチの化学”で考察した書籍「特撮の地球科学」が刊行。本書に対し、『シン・ゴジラ』『シン・ウルトラマン』の樋口真嗣監督らがコメントを寄せている。

2021年冬アニメで一番良かった作品は? 3位「呪術廻戦」第2クール、1位は...同票で2タイトル!

「特撮の地球科学」は、特撮ファンである古生物学者・芝原暁彦氏が、怪獣やスーパーヒーローなどの特撮作品を“地球科学”の視点で考察したサイエンスエンターテインメント。

書籍内では、読者に特撮と地球科学を純粋に楽しんでもらうため、「1.特撮作品の画面に映っていることはすべて“事実”と捉える」「2.特撮作品が作られた時代の技術的背景や世相なども考慮する」という2つのルールを設け、「ウルトラマンの目は古生物学的には進化した?」「悪の秘密組織が日本ばかり狙うのには、太古の地球の大陸移動に理由あり!?」「よく戦っているあの岩場の地学的意味とは?」などを全力で考察している。

<以下、コメント全文掲載>

樋口真嗣(映画監督など)

いいなあいいなあ。

めっちゃ勉強できる友達とめっちゃモテる軽音部の友達と、クソの役にも立たない(褒め言葉です)くだらないバカ話(褒め言葉です)で盛り上がってた高校時代の放課後みたいでめっちゃ楽しくてめっちゃ懐かしいんだけど、友達のレベルがハンパなく高いからめっちゃ羨ましい!

自分が好きなものって、 こう云う事ができるから好きだったんだ!(ついでに栃木県!)

オレもまぜて~ッ!

田口清隆(映画監督)

これが特撮映画の究極の楽しみ方!科学ってこういう時のためにあったんでしょ?

斉藤麻衣(俳優)

ああ!先生、 困った時に並行宇宙論に逃げるのはやめてください!!

ガチの科学者によるエキサイティングな特撮考察!!

定価 1,870円(本体1,700円+税10%)

発売日 2021年4月19日

“最強”キャラといえば? 3位「ワンパンマン」サイタマ、2位「進撃の巨人」リヴァイ、1位は...

最終回が印象に残るアニメといえば? 3位「暗殺教室」「BANANA FISH」、2位「銀魂」、1位は...

2021年春アニメ、期待値の高い作品は? 3位「ひげひろ」、2位「フルーツバスケット」、1位は...

CHiRO★