chelmico「もうひとりの私たちです」“ふと思”ちぇるちゃん&まみちゃんを語る!

©株式会社フジテレビジョン

現在、放送中のフジテレビの新ニュース情報番組『めざまし8』。毎週水曜9時40分ころからは、30秒のショートアニメコーナー「ふと思ったんですけど」が放送されている。

©ふと思ったんですけど

「ふと思ったんですけど」は、趣味は違うけど、価値観が近い仲良しなふたり・ちぇるちゃん(左)とまみちゃんが、“日常生活においてふと思ったこと”をつぶやくショートアニメ。

フジテレビの新キャラクターアニメとして、『プレミアの巣窟』(毎週月曜25時50分~)でも放送されているほか、FOD8.8 channelでも配信中だ。

フジテレビュー!!では、ちぇるちゃん、まみちゃんの声を担当する、人気ガールズラップユニット・chelmico(チェルミコ)のRachel(レイチェル)とMamiko(マミコ)に取材。

オファーを受けたときの感想や好きなエピソードなどについて聞いた。

<chelmico インタビュー>

――今回、声優オファーを受けての感想は?

Rachel:(Mamikoに)どうだった?「なんで?」って思ったよね、いい意味で(笑)。

Mamiko:そう。うれしかったし、ビックリしました。

Rachel:まさに、私たちのような二人組が生まれると聞いて。

Mamiko:「ほぼ、chelmicoじゃん!」って。驚きとうれしさが。

Rachel:「すごいかわいいな!」と思った。

――ちぇるちゃん、まみちゃんのキャラクターを見ての印象は?

Rachel:ちぇるちゃんは、私も金髪なので、雰囲気あるかな、と思ったけど、まみちゃんが、謎のヘアで(笑)。

Mamiko:奇抜なヘアをしてて。でも、黒いところは一緒なので。

Rachel:でも、かわいいタッチなのに、意外と見たことがない感じのデザインだよね。

Mamiko:キャッチーなふたりで、とても気に入っています。

Rachel:もうひとりの私たちです。

――アニメは30秒ですが、それぞれテーマと世界観が完結していて面白いですね。

Mamiko:シュールで面白いな、と。あと、しゃべってる言葉のテンションが高くないので、アフレコもしやすかったし、(自分が)思ってるようなまんまだったので、よかった。

Rachel:うん。世界観がすごくいいよね。

Mamiko:ふたりは一緒に住んでるのかな?

Rachel:一緒のソファに座って、仲良しだよね。

――ご自分に似ているところはありますか?

Mamiko:最初に台本いただいてストーリーを読んだときに、「これ、うちらじゃん!」って(笑)。

Rachel:ほとんど、楽屋の私たちだよね。「見てた?」っていうくらい(笑)。

Mamiko:本当にそう!(笑)

Rachel:その時に話題になっていることなんかをテレビ見ながら、「これってさ~」とか、ふたりで話したりするので。

Mamiko:イヤホンも半分こしてね。距離感も近いよね。

Rachel:うん。ベタベタするわけではないけど、居心地のいい距離という感じ。

左から)Rachel、Mamiko

――アフレコはどんなトーンでしていますか?

Mamiko:自分たちのままですかね。

Rachel:ほぼほぼそうだね。でも、私は、少しだけ元気過ぎないようにしてるかも。リラックスした感じで。そうやってしゃべると(ディレクターから)OKもらえる(笑)。

Mamiko:表情の変化があまりないからね。

Rachel:そうそう、だからちぇるちゃんと同じ顔をして言うようにしています。

――これまで10本が配信されていますが、好きなエピソードを教えてください

Mamiko:ワイヤレスイヤホンを、ふたりで分け合って聴くのが…。

Rachel:私も!初めてまみちゃんが、あんなに動いてるのを見た気がして。そこもかわいいなって。鼻歌もいいよね。

Mamiko:あと、「Upereats(ウーパーイーツ)」も好き!それぞれ、好きなご飯をデリバリーして食べるっていう回なんですけど。本当にそれでいいなっていう共感もあるし、かわいかった。

Rachel:「ウーパーイーツです」って自分たちで言ったのも楽しかったね。

――そして、先日スタートした『めざまし8』でも、毎週水曜日にアニメコーナーが放送中です。今後は、視聴者から募集した「ふと思ったエピソード」のアニメ化もあるようですね。

Rachel:いいですね。楽しそう!いつも見られるのはうれしいね。

Mamiko:どんなエピソードが来るのか、楽しみです。

動画はこちら!

左から)Rachel、Mamiko

chelmicoの詳しい情報は、公式サイトまで