スバル インプレッサとXV、13万7000台を再リコール イグニッションコイル新品交換へ

©株式会社イード

スバル・インプレッサ(2018年)

SUBARU(スバル)は4月15日、『インプレッサ』および『XV』のイグニッションコイルに不具合があるとして、国土交通省に再リコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2016年10月3日から2019年3月22日に製造された13万7449台。

対象車両は、エンジンコントロールユニット(ECU)の制御プログラムにて、エンジンが停止する際の制御が不適切なため、イグニッションコイルへ必要以上に通電することがある。そのため、イグニッションコイルの内部温度が上昇し、回路がショート。ヒューズ切れを起こし、最悪の場合、走行中エンジンが停止するおそれがある。

スバルは2019年10月17日付けでリコールを届け出て、ECUの制御プログラムを対策プログラムに書き換えるなどの改善措置を行ったが、既に長通電を経験したイグニッションコイルでは、対策プログラムに書き換えても、内部ダメージの蓄積により不具合に至るおそれがある。今回、再度リコールを届け出て、全車両、イグニッションコイルを新品に交換する。

不具合は178件発生、物損事故が1件起きている。市場からの情報により再リコールを届け出た。