イギリス好きにおすすめ!憧れの英国食器ブランド10選

©株式会社AXNジャパン

お気に入りのカップで楽しむティータイムは、英国好きでなくても憧れますよね!そこで今回は、イギリスで人気の英国食器ブランド10選をご紹介♪イギリスでよく耳にする、紅茶にまつわる英語のフレーズや、驚きの食器洗い方法などもあわせてお伝えします。

英国ティータイムは意外と簡単に再現できる

「紅茶はいかが?」

・Would you like (a cup of) tea?
・(Do you) Fancy a cuppa?

イギリスでは、日常的に耳にするこのフレーズ。

Fancyは、イギリスらしい単語のひとつで、ここでは「〜がほしい」という意味です。

Cuppaは、Cup of teaで紅茶のこと。

また、ちょっと立ち寄っただけのつもりが、話が長くなりそうなときなどには、

・I’ll put the kettle on
(紅茶用の)お湯を沸かすわ

といって、お茶を飲みながら、おしゃべりするのがイギリス流です。

たっぷり紅茶が入るマグカップと、ダイジェスティブビスケットなどのお茶請けがあれば、イギリスの日常そのもの(^^)

また、イギリスではまだロックダウンが続いていますが、規制が緩和されたら友人を招いて、自宅でアフタヌーンティーをいただくのを楽しみにしている家庭も少なくありません。

ちなみにアフタヌーンティーといえば、ティールームなどでは3段のケーキスタンドに、

上段:ケーキなどの甘いお菓子
中段:スコーン(クロテッドクリームとジャム添え)
下段:サンドウィッチ

が、盛り付けられているのが一般的。

でも、もっと気軽にアフタヌーンティーを楽しむなら、ケーキスタンドを使わずに、プレートにまとめて盛り付けてもOKです!

ちょっとしたお茶の時間も、素敵な食器を使うことで、いっきに華やかになりますよ。

イギリスでもっとも愛されている紅茶や、お茶請けの定番ダイジェスティブビスケットについては、「日常の英国と紅茶のリアルを調査!」でまとめているので読んでみてくださいね(^^)

日常の英国と紅茶のリアルを調査!イギリス人が本当に好きな紅茶はどれ? 海外ドラマboard

お気に入りの英国食器を長持ちさせるコツ

せっかく買ったお気に入りの英国食器。できるだけ長持ちさせたいですよね!

そこで、大切な食器を長持ちさせるために、簡単にできるコツや注意点をいくつかご紹介します。

洗い方

最近は、食器洗浄機OK、電子レンジOKな英国食器も増えてきました。

とはいえ、ひび割れや装飾が傷つくのを防ぐためにも、大切な食器は手洗いが基本!

その際に、食器が水道の蛇口にぶつからないように、蛇口をシンクと水切りラックの動線から遠ざけておくようにしましょう。

とくにお気に入りの食器の場合は、洗い桶にタオルを敷いておくのもおすすめです。

食器洗剤は普段のもので大丈夫ですが、スポンジはできるだけ柔らかいものを。間違っても、スポンジの粗い面でこすらないように気をつけてくださいね!

ティーカップはスプーンに注意

紅茶に入れた砂糖やミルクを混ぜるとき、ティースプーンでカチカチと音を立てていませんか?

ティースプーンがカップにぶつかると、破損の原因になります。

ティースプーンがカップに当たらないよう、ゆっくりかき混ぜるようにしましょう。

カップは使ったらすぐに洗う!

ティーカップやマブカップに紅茶・コーヒーなどを長時間入れっぱなしにしていると、カップの内側の色が茶色く変色してしまいます。

そうすると、見た目が良くないだけでなく、茶渋を取るためにカップを傷つけてしまうことにも!

カップは、使ったらすぐに洗うように心がけてくださいね。

これぞ英国流?ちょっと驚く食器の洗い方

英国食器つながりで、ちょっと驚くイギリス人の食器の洗い方をシェアしますね!

【イギリスで見かける食器の洗い方】

1.洗い桶に熱いお湯をはり、食器洗剤を入れる
2.その洗い桶の中に食器をつける
3.スポンジで食器を洗う
4.洗い桶のお湯で食器の泡をすすぐ
5.水切りラックで自然乾燥

そうなんです。
汚れたお皿がつけてあった、洗剤入りのお湯で泡をすすぐんです(^^;)

以前、BBCアメリカでも、英米の文化の違いとして取り上げられていました。

The Cultural Divide on Washing Dishes: Brits vs. Americans Anglophenia BBC America

イギリス人の名誉のためにお伝えすると、イギリス人みんながこの洗い方をしているというわけではありません。

実際に、最近はあまり見かけることがなくなったように感じます。

ですが、インターネットでのイギリス人の反応を見ると、「そんな洗い方はしない!」というコメントに混じって、

「私はしないけど、見たこはとある」
「洗剤は口にはいっても大丈夫!気にしすぎ」
「お湯の温度調節が難しいから仕方ない」

という意見もチラホラ。

イギリスの大手の食器洗剤メーカーが、「正しい食器の洗い方」(流水で泡をすすぐ、お馴染みの方法)という動画を配信しているほどなので、やはり上記の方法で食器を洗うイギリス人は、今でも一定数いるということなのでしょう(^^)

テーブルが華やぐ!おすすめの英国食器ブランド10選

それでは、英国気分が楽しめる、日本でも購入可能なイギリスで人気の英国食器ブランドをご紹介していきます。

もちろん現地で買ったほうがリーズナブルで、種類も豊富なのは言うまでもないので、新型コロナが落ち着いたら、イギリス旅行を予定しているという方は、ぜひお土産リストに入れておいてくださいね!

1.Burleigh(バーレイ)

おすすめの英国食器ブランド1つめは、Burkeigh(バーレイ)です。

Burleighは、陶磁器の里として有名なストーク・オン・トレントに工場をもつ、1815年創業の老舗食器ブランド。

銅版に彫った図案をひとつひとつ手作業で転写していくという、170年前と変わらない方法で絵付けしているため、食器よって少しずつ色むらや柄のずれがあるのが、味わい深くて◎

土からすべて英国産にこだわる、今では少なくなたMade in Englandブランドのひとつです。

Burleighの柄の中でも、とくに人気が高いのが、高麗キジと牡丹が描かれた「アジアティックフェザンツ」です。

ピンクやプラム(薄紫色)も素敵ですが、やはりBurlerighといえばブルー!

https://www.burleigh.co.uk/

「アジアティックフェザンツ」と並んで支持されている絵柄が、「ブルーキャリコ」と「ブルーリーガルピーコック」。

どれも上品で、伝統的なのにデザインが古臭くなく、ひとつ買うと、ついついコレクションしたくなります。

【工場見学&アウトレット】
Burleigh Factory Shop
Port St, Burslem,
Stoke-on-Trent ST6 3PE

The Burleigh Factory Shop, Stoke-on-Trent Burleigh Pottery

この商品の販売サイトをチェック

バーレイ 英国食器 Burleigh ブルーキャリコ ティーカップ&ソーサー

https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/ostuni/cabinet/bg-white/ntm-twwe8700.jpg

詳しく見る

2.Emma Bridgewater(エマ・ブリッジウォーター)

おすすめの英国食器ブランド2つめは、Emma Bridgewater(エマ・ブリッジウォーター)です。

エマ・ブリッジウォーターは、陶磁器デザイナーのエマ・ブリッジウォーターにより、1985年にストーク・オン・トレントで創業された、ポップなデザインがかわいい食器ブランド。

とくに水玉模様(ポルカドット)は、エマ・ブリッジウォーターのトレードマークです。

デヴォン、コーンウォール、ウェールズ、スタッフォードシャー付近の土を使い、ひとつひとつ手描きで絵付されています。

ずっしりと重みがあるマグカップは、普段使いにもぴったり♪

見ているだけで、気分が明るくなりますよね。

イギリスの人気家電メーカーRussell Hobbsや、高級志向スーパーWaitroseのエコバッグなど、コラボ商品も作られており、イギリス国内での知名度はかなり高いブランドです。

【工場見学&アウトレット】
Emma Bridgewater Factory
LICHFIELD STREET, HANLEY,
STOKE-ON-TRENT, ST1 3EJ

※絵付け体験もおすすめです♪

Emma Bridewater Pottery Factory (Stoke on Trent) – Emma Bridgewater UK

この商品の販売サイトをチェック

エマ・ブリッジウォーター ポルカドット スモールマグカップ

https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/le-noble/cabinet/etc33/777020001001.jpg

詳しく見る

3.Wedgwood(ウェッジウッド)

おすすめの英国食器ブランド3つめは、Wedgewood(ウェッジウッド)です。

ウェッジウッドは、1759年創業の老舗中の老舗。

定番だけど、やっぱり落ち着く高級感が魅力です(^^)

ウェッジウッド特有の「クリーム・ウェア」の美しさが、シャーロット王妃(イギリス国王ジョージ3世の王妃)を魅了し、「クィーンズ・ウェア」と呼ばれて以来、世界中でもっとも有名な食器ブランドとして愛されています。

歴史が長いだけあり、ウェッジウッドのコレクションは30種類以上!

ティーセットで人気なのは、大人かわいい「ワイルドストロベリー」です。

気軽に使える「ワイルドストロベリー カジュアル」シリーズも販売されています。

【工場見学&アウトレット】
World of Wedgwood
Wedgwood Dr, Barlaston,
Stoke-on-Trent ST12 9ER

Wedgwood Factory Tour World of Wedgwood

この商品の販売サイトをチェック

ウェッジウッド (WEDGWOOD) ワイルドストロベリー ティー カップ&ソーサー ピオニー 2客セット

https://shop.r10s.jp/nihonnotsurugi/cabinet/wedgewood2/036239.jpg

詳しく見る

4.Royal Albert(ロイヤルアルバート)

おすすめの英国食器ブランド4つめは、Royal Albert(ロイヤルアルバート)。

1896年にストーク・オン・トレントで創業され、「これぞ英国王室のイメージ!」なティーセットが人気です。

ロイヤルアルバートのブランド名も、ヴィクトリア女王の夫アルバート公と、女王夫妻の孫アルバート・ジョージ王子の名前に由来しているのだとか。

ビクトリア女王即位60周年記念に記念品を注文されたことから、ロイヤルの称号を授かったそうです。

ロイヤルアルバートで絶対的な人気を誇るのは、こちらの「オールド・カントリー・ローズ」。

この独特なティーカップの形は、「モントローズシェイプ」と呼ばれ、

・飲み口の部分:いれたばかりの紅茶がすぐに冷めて、飲みやすいように
・真ん中の膨らみ:紅茶の温度と美味しさをキープ
・ソーサー:紅茶が覚めるのを防ぐ

という仕組みで、「最も紅茶をおいしく飲むための究極の形」ともいわれています。

眺めているだけでも、ため息が出る美しさですね!

【アウトレット】
現在ロイヤルアルバートは、ウェッジウッドと同じWWRDグループホールディングスの傘下に入っているので、ウェッジウッドのアウトレットで、ロイヤルアルバートの食器も売られています。

この商品の販売サイトをチェック

ロイヤル・アルバート オールドカントリーローズ ティーカップ&ソーサー

https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/le-noble/cabinet/etc16/011000100000.jpg

詳しく見る

5.SPODE (スポード)

おすすめの英国食器ブランド5つめは、Spde(スポード)です。

1770年にストーク・オン・トレントで、初代スポード氏が創業した陶器工場がはじまり。

スポード氏は、ファインボーンチャイナの製造の成功や、銅版転写による下絵付け技法の開発で、イギリスの陶磁器界に偉大な業績を残したことで知られています。

代表作は、1816年に発表されたブルーイタリアンシリーズ。古代ローマをテーマにした絵柄です。

200年以上経った今でも、スポードの代表的なコレクションとして高い人気を誇るブルーイタリアンの製造風景の動画もシェアしますね。

飽きのこないデザインなので、長く使っていけるのが◎

この商品の販売サイトをチェック

スポード ブルーイタリアン トリオセット ペア

https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/le-noble/cabinet/etc26/sost00000010.jpg?

詳しく見る

6.Denby(デンビー)

おすすめの英国食器ブランド6つめは、Denby(デンビー)です。

ブランドの名前の由来でもある、ダービーシャーのデンビーという村で、1809年にストーンウェア(炻器)の工場として創業。

材料となる土も、英国産というこだわりの老舗です。

200年以上の老舗ながららもモダンなデザインで、電子レンジやオーブンOKなど、日常で気軽に使えることから、イギリスでも人気のブランドとなっています。

温かみのある、手描きのマグカップには、どこか和を感じますよね。

日本の食卓にも、自然に馴染むデザインが多いので、使いやすさはだんとつです!

【ファクトリーショップ】
Denby Pottery Village
Derby Rd, Ripley DE5 8NX

Factory Shop at Denby Pottery Village

この商品の販売サイトをチェック

Denby デンビー おしゃれ マグカップ スモールマグ 350ml HALO ヘイロー

https://shop.r10s.jp/buffy/cabinet/04255219/05597485/imgrc0093757495.jpg

詳しく見る

7.Cornishware(コーニッシュウエア)

おすすめの英国食器ブランド7つめは、Cornishware(コーニッシュウエア)です。

コーニッシュウエアは、1864年に創業された老舗キッチンメーカーのT.G.GREENが、1924年にはじめた人気シリーズ。

コーンウォールで作られているというわけではなく、凹凸のある青と白のストライプ模様が、コーンウォールの青い空と白い波のようだということで、コーニッシュウエアという名前が付いています。

シンプルでかわいいデザインだけでなく、丈夫で実用的なことから人気が高く、映画やドラマなどでも、度々使われています。

映画「パディントン」で使われていたカップは、チャリティー用に期間限定で登場して、そのまま定番カラーとなった赤と白のストライプ模様。

エマ・ブリッジウォーターの水玉のように、ひと目見て、コーニッシュウエアだ!と気づくアイコニックな模様ですね(^^)

この商品の販売サイトをチェック

CORNISHWARE-コーニッシュウェア- T.G.グリーン カップ&ソーサーペアセット

https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/lien-gift/cabinet/04825564/05495463/imgrc0067057020.jpg

詳しく見る

8.Portmeirion(ポートメリオン)

おすすめの英国食器ブランド8つめは、 Portmeirion(ポートメリオン/ポートメイリオン)です。

ポートメリオンのはじまりは1963年、北ウェールズの村ポートメリオンで陶芸デザイナーのスーザン・ウイリアム・エリスと、夫のユアンが父親から引き継いだお土産店でした。

その後、1960年に、陶磁器で有名なストーク・オン・トレントでポートメリオン社を創業。

スーザンの女性ならではの視点で、カジュアルで使いやすい食器はたちまち注目を集め、今でもその人気は続いています。

ポートメリオンの一番人気は、スーザンがデッサンした植物がモチーフの「ボタニックガーデン」。

コレクションしていくと、自宅にいながらまるで植物園(ボタニックガーデン)気分が味わえることから、世界中にコレクターがいる人気シリーズとなっています。

ちなみに、ポートメリオンの出発点となったポートメリオン村は、環境保全のために人生を捧げた建築家で、スーザンの父親であるクロー・ウィリアムス・エリスにより開発された美しいリゾート村です。

この商品の販売サイトをチェック

ポートメイリオンボタニックガーデンフローラルミックスセラミックマグカップブランドニューロット6

https://shop.r10s.jp/hokushinco/cabinet/10202ebukcuimg154/iizssii0i.jpg

詳しく見る

9.Aynsley(エインズレイ)

おすすめの英国食器ブランド9つめは、ゴールドエンボスが美しいAynsley(エインズレイ)です。

エインズレイは、英国王室や貴族に愛された1775年創業の老舗ブランドで、エリザベス女王、ダイアナ妃、ウィリアム王子とキャサリン妃のご成婚の記念品にも選ばれています。

美しい英国庭園やフルーツ、イギリスの国家である薔薇などをモチーフにした作品が多く、カラーバリエーションも豊富です。

エインズレイの代表的なコレクションのひとつ「ペンブロック」は、日本の伊万里焼の図柄をイメージした作品。

鮮やかな色使いが印象的ですね!

ゴージャスなイメージが強いエインズレイですが、実は意外とシンプルなデザインの作品もたくさんあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

この商品の販売サイトをチェック

Aynsley エインズレイ 2901シリーズ ペンブロック ティーカップ&ソーサー C/S レッド

https://shop.r10s.jp/pocketcompany4/cabinet/img20201121001/img20201121004/1615844-01.jpg

詳しく見る

10.Royal Doulton(ロイヤルドルトン)

おすすめの英国食器ブランド、最後はRoyal Doulton(ロイヤルドルトン)。

ロイヤルドルトンは1815年にロンドンで創業し、現在はストーク・オン・トレントに工場を持つ、老舗の英国王室御用達ブランドです。

エリザベス2世とチャールズ皇太子から、合計2つのロイヤルワラントを授かっています。

200年以上の歴史を持つ老舗ブランドでありながら、ゴードン・ラムゼイなど、著名人とのコラボシリーズや、ロンドン・コーリングというロンドンの街並みをモチーフにしたシリーズなど、新しいデザインを取り入れているのが特徴です。

また、ロイヤルドルトンは、クリスタル食器でも有名です。

日常使いから、特別な日の食事まで、幅広いチョイスが揃っています♪

【アウトレット】
現在ロイヤルドルトンは、ウェッジウッドと同じWWRDグループホールディングスの傘下に入っているので、ウェッジウッドのアウトレットで、ロイヤルドルトンの食器も購入できます。

この商品の販売サイトをチェック

ROYAL DOULTON パシフィック サイド プレート 6枚セット 23cm

https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/globalhomes/cabinet/product/img01/1607185945-12577-1.jpg

詳しく見る

最後に

今回は、おすすめのイギリスの食器ブランド10選をご紹介しました。

ちょっとしたお茶でも、食器好きな方だと、ついついカップに目がいってしまいますよね。

いっきにセットで揃えるのは、ちょっとハードルが高いですが、少しずつ、お気に入りを見つけて買い足していくのも、楽しみのひとつです。

まずは、ティーカップやマグカップからはじめて、素敵な英国食器で、日常のティータイムを特別な時間に変えてみてはいかがですか?