中国外交部、駐中大使呼び厳重申し入れ 日本の原発汚染水排出決定で

©新華社

中国外交部、駐中大使呼び厳重申し入れ 日本の原発汚染水排出決定で

   中国外交部。(資料写真、北京=新華社記者/李賀)

 【新華社北京4月15日】中国の呉江浩(ご・こうこう)外交部部長助理(次官補)は15日、日本の垂秀夫駐中国大使を呼び、日本政府が福島第一原発事故の汚染処理水の海洋放出を決定したことについて厳重な申し入れを行った。

 呉氏は、日本側の関連決定は世界の海洋環境、世界の公衆衛生の安全、周辺国人民の切実な安全利益を顧みず、国際法と国際ルールに違反する疑いがあり、現代文明国の所業ではないと指摘。強烈な不満と断固反対を表明した。