国分太一が「TOKIOテラス」で起業家の話に感銘! 会社設立は「思ったより10倍は大変。動画制作ですでにお金がありません」

©株式会社東京ニュース通信社

MBSで4月18日にスタートする、国分太一がMCを務めるスタートアップ企業応援番組「TOKIOテラス」(日曜深夜1:20、月1回放送。関西ローカル)のリモート記者会見が行われ、国分が意気込みを語った。

同番組は、3月14日に特別番組として放送された後、月1回でのレギュラー放送が決定。新しいビジネスで急成長するスタートアップ企業のトップをスタジオに迎え、企業の取り組みを紹介しながら、MCの国分と本音で語り合うトーク番組だ。

特番と合わせ、2度の収録を終え国分は「(登場するのが)スタートアップ企業ということで、新しい仕事を世の中に提供している人たちの話は、希望にもあふれて、勢いもあって、ワクワク感も感じるので、『そんな角度から世の中を見ているんだ!』という、驚きばかりで、収録が終わると興奮しています。そして興奮したまま新幹線に乗って、東京までの間、自分のパソコンで、いろいろアイデアを巡らせて、『株式会社TOKIOで新しいことをやってやろう!』と考える、自分の中で、大切なお仕事になっています。1カ月に1回の放送ですが、なんとか帯にならないかなと思っています(笑)」と、番組が自身の糧となっている様子。

また、番組では57歳で起業した人物の話に感銘を受けたと明かし、「定年を迎えてから起業した方がいいという考えもある中で、57歳からでもチャンスはあると、エネルギッシュに動いているところは、とても勇気をいただきました。うちの社長(城島茂)も50歳で、初の起業ということで、かなり震えていましたが、57歳で起業した人がいるんだよということを言って、落ち着かせようと思います」と笑った。さらに、TOKIOが出演する「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)をきっかけに農業に興味を持った出演者もいたそうで、「僕らは誰かのためというよりも、企画を楽しんでいるんですが、その楽しんでいたことが、人を動かしていたということを目の前で聞くことができて、うれしいですし、幸せなことをしているんだなとあらためて思いました」と感慨深げに話した。

4月から株式会社TOKIOを立ち上げ、新たなスタートを切った国分だが、リーダーシップをとる起業家たちの話を聞き、「僕らの会社は、表に出ている人間は3人しかいませんが、5人の時から、自信のないところは、自信のあるやつに任せたり、そんなふうにやってきたので、3人になってもやり方は変わらないと思います。5人の時よりも話し合いをしながらここまで来ていて、誰かがリーダーシップを張っているわけではないんです。城島さんはリーダーというあだなだったので(笑)、リーダーシップを感じたことがないから、ここまで続けてこられたのかなと思いますし、現代のリーダー論は『リーダーシップを張らないということなのかな』とか、それがあの人の計算だったら、マジで怖いですが。メンバーとは、おっさんたちが苦しい思いをするのが嫌なので、楽しくやっていこうねって話をしています」と語り、TOKIOでの国分の役割については「みんなのアイデアをまとめて、株式会社TOKIOとして一つにまとめること」だと説明。3人で話し合った内容を「パソコンを人差し指でポチポチと打ちながら企画書としてまとめたりしている」そうで、その作業により頭の中が整理できたり、勉強になって楽しいと明かした。

さらに「会社を立ち上げることが大変だとは想像していましたが、その10倍ぐらい大変でした。ですが、今までに味わったことのない大変さだったので、楽しくもあり、自分たちで計算できていないところで、皆さんが話題を作ってくれたりする現象も起きたりしていたので、そこは会社を立ち上げてよかったと思っています。でも会社を立ち上げたことがゴールではなくて、タレントではなくて、株式会社TOKIO、会社として、いろいろな企業さんとタッグを組んで、ちゃんと、本気で会社を作ったんだなと思わせることが大切だと思うので、この番組でやっていることを、経験に変えていきたなと思っています」と意気込みを語り、「まだまだ始まったばかりの会社ですし、日本経済新聞さんと自分たちの動画を作った時点で、お金をかけてしまって、お金がありませ~ん(笑)。これからどうやってリアルに利益を上げていくのかを3人で話し合います。こんな変な会社であり、変なグループが、ただ26年間走り続けていた経験値と、出会った人たちの優しさと、職人さんの手を借りて進んでいる。『汗をかいて』『手を働かせて』『思いを重ねて』この三つのキーワードに、興味を持ってくれた人たちに早く会いたいです。そこを皆さんにもしっかりと見てもらいたいです。そして、会社を立ち上げましたが、タレントを引退するわけではないので、タレントとしても全力で頑張りながら、会社を運営していければと思います」と抱負を述べた。

レギュラー放送第1回は、「カルテック」の染井潤一社長を迎え、本音トークを展開。カルテックは「光触媒」という光を当てると付着したウイルスや匂いの元を水と二酸化炭素に変える物質を使った除菌脱臭機を開発し、世界で注目されているスタートアップ企業。この除菌脱臭機は、世界で初めて、使用すると新型コロナウイルスの減少を確認できたという。後半では「Root」の岸圭介社長をスタジオに迎える。スマート体験農園という、農業体験を現地とリモートの両方で楽しむことができるサービスを行っている企業で、専用のウェブやアプリで作業や作物の成長の様子を見られるというシステムを開発。業界で注目を集めており、数多くの賞を獲得している。スタジオでは、国分が岸社長の人生のターニングポイントなどを聞く。

なお、番組は放送後、TVerやMBS動画イズム、GYAO!で無料配信される。