小倉優香の改名発表で現実味を帯びてきた“艶系DVD”女優への転向説

©株式会社日本ジャーナル出版

小倉優香の改名発表で現実味を帯びてきた“艶系DVD”女優への転向説 (C)週刊実話Web 

「何かに縛られずに活動をしたいという意向を汲んでいただいたことに心から感謝しております」

昨年7月、生放送中のラジオ番組で突然降板を直訴し、騒動になっていたタレントの小倉優香が、4月13日に自身のSNSを更新。8年間所属した事務所を退所したことを発表した。

「ラジオの降板騒動以来、約9カ月ぶりに投稿した小倉は、『SNSの更新もできず、本当に長い間ご心配をおかけしました』と謝罪。〝優香〟をひらがなの〝ゆうか〟に改名したことも報告しています」(スポーツ紙記者)

ネット上には、心配していたファンからの《待ってた。うれしい》《これからもゆうかちゃんの活躍を楽しみにしています》といった書き込みが相次いだが、冒頭のコメントのあげ足を取った批判も多い。

《何かに縛られずに活動をしたいと言えば格好良いですが、例のラジオ番組の発言で小倉さんを番組に起用しにくくなり、周りが小倉さんから離れていってしまった結果だと思われます》

《一般社会では、自分勝手な都合で仕事を途中で放棄するような人は二度と信用は得られないし、新たな仕事を任せることもできない。恋人と結婚を考えすべてを投げ出したと当時の記事にありましたが、その構想もなくなり自由人になられたのだから、好き勝手にやられればイイ》

以前の仕事と区別するために「改名」

そもそも、小倉がラジオを降板したのは、交際していた人気格闘家でユーチューバーの朝倉未来の生活スタイルに合わせ、規則正しい生活がしたいと望んだ結果だった。

「その朝倉とも破局が報じられ、〝艶系DVD〟メーカーからの出演依頼が殺到しているそうです。こうした有名人が出演を決断した場合、以前の仕事と区別するために改名することが多い。今回の小倉の改名も、その布石ではないかと話題になっています」(芸能記者)

《代わりはいくらでもいるだろうし芸能界での需要はないだろう》

中にはこんな声もあるが、〝あちらの世界〟では間違いなく天下が獲れる逸材。大いに期待をしよう!