なにわ男子、冠番組がスタート! 滝沢副社長はTravis Japanと「年内2組デビュー」でジャニーズの若返りを図る?

©株式会社サイゾー

関西ジャニーズJr.内ユニット「なにわ男子」がメインキャストを務めるバラエティ番組『まだアプデしてないの?』(テレビ朝日系、毎週土曜15時30分~16時)が、4月17日にスタートする。なにわ男子にとっては昨年10月から12月に。1クール限定で放送されたテレビ朝日系『なにわ男子と一流姉さん』に続く全国ネットの冠番組となる。

「大ブレイク寸前と言われるなにわ男子にとっては、大きなステップになる番組ですね。この番組の評判次第では一気に年内のメジャーデビューへ加速する可能性もあります」(アイドル誌ライター)

ジャニーズ事務所のなかでなにわ男子と並んで、次にデビューするのではないかと囁かれているのが、Travis Japanだ。

「Travis Japanはパフォーマンススキルの高さが売りで、なにわ男子はバラエティ力が売り。両者はかなりコンセプトが異なるグループですね。このどちらが先にメジャーデビューをするかによって、今後のジャニーズ事務所の方向性も変わってくると思います」(同)

昨年は、SixTONESとSnow Manという2組が同時にメジャーデビューするという荒業に打って出たジャニーズ事務所。当初は“無謀なのではないか?”との声もあった。

「知名度もそこまで高くない2グループを同時にデビューさせるというのは確かに大きな賭けではありました。でも、それぞれCDの売れ行きも好調で、メンバーたちがバラエティ番組でも活躍し、それなりに結果もついてきている。同時デビューを仕掛けた滝沢秀明副社長も手応えを感じているはずです。そういう意味では、今年もなにわ男子とTravis Japanの2組がともに年内にメジャーデビューする可能性もあるでしょう」(同)

ジャニーズ事務所では、退所者が相次いでいるほか、V6の解散などもあり“弱体化”が進んでいるとの声も多い。そういった状況の中で、滝沢副社長の判断も難しくなってくるだろう。

「滝沢体制になったことで、ジャニーズ事務所のベテランメンバーたちへの求心力が低下しているのは事実。その一方で、SixTONESやSnow Manなどの若手メンバーたちは、滝沢副社長のもとで飛躍しようとしている。滝沢副社長としては、ベテランメンバーには自由な活動をしてもらいつつも、できるだけ多くの若手グループをメジャーデビューさせて、事務所の核を若手メンバーたちにシフトさせたい思惑もあるはず。

もしも、今年なにわ男子とTravis Japanがデビューしたら、ジャニーズ事務所内での若手への比重が高まり、滝沢体制もより強固なものになっていく。そこを狙って、今年もまた2組がデビューするという展開も充分にありえると思います」(レコード会社関係者)

ジャニーズ事務所における若返りは、一気に進んでいきそうだ。