松たか子『まめ夫』期待外れで視聴率も大コケ「狙いすぎ」「新鮮味がない」

©株式会社日本ジャーナル出版

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

4月13日より、松たか子の主演ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系)の放送がスタートした。期待値の高かった作品だが、早くもピンチに陥っているという。

大豆田とわ子(松)は、これまでに3回結婚して3回離婚した〝バツ3〟女性。建設会社『しろくまハウジング』の社長に就任し、最初の夫・田中八作(松田龍平)との間に生まれた中学3年生の娘・唄(豊嶋花)と暮らしている。田中はレストランのオーナー兼ギャルソン、2番目の夫・佐藤鹿太郎(角田晃広)は器が小さいファッションカメラマン、3番目の夫・中村慎森(岡田将生)はとわ子の会社の顧問弁護士で理屈っぽいひねくれ者。3人の元夫はとわ子のことを〝好きで嫌い〟なようで…。

第1話では、とわ子が久々に最初の夫と、2番目の夫に出会う様子が描かれた。元夫たちは離婚してもなお、とわ子に対して何らかの思いを抱えているようだが、とわ子は彼らとやり直すつもりはないらしい。自分の幸せを見つけると宣言して、元夫たちと距離を保とうとしていた。

「同作の脚本家は坂元裕二氏。松とは、2017年に大ヒットしたドラマ『カルテット』(TBS系)でもタッグを組んでおり、ドラマファンの間では注目が集まっていました。会話劇を得意とする坂元氏らしいストーリー展開だったのですが…」(芸能記者)

広瀬すず『anone』の4.4%の悲劇が…

『大豆田とわ子』の初回世帯平均視聴率は7.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と振るわず。また、視聴者の感想も

《大人向けのおしゃれなコメディーって印象、何か事件が起きないと間延びするかも》
《話のテンポやキャラも松たか子と松田龍平ってカルテットに似すぎて新鮮味がない》
《良くも悪くも坂元裕二ワールド全開だったね》
《これはダメな坂元裕二の気がする》
《いくら坂元さんでも今回狙いすぎな感じ》
《かなり期待してた。坂元裕二の脚本はすきだし。でもこれは…、つまらん》

といった否定的な声が多くあがっている。

「坂元氏のドラマはたまに視聴者が置いてけぼりになることがあり、18年1月期の広瀬すず主演ドラマ『anone』(日本テレビ系)はそれが顕著でした。結果、視聴率は4.4%まで落ちる大惨事でしたね」(同・記者)

『anone』の二の舞になることだけは避けたいが…。