櫻井翔、「禁断ネタ」を自ら解禁! 過去の“紅白むくみ”騒動もコレが所以か?

©株式会社サイゾー

4月10日に放送された『1億3000万人のSHOWチャンネル』(日本テレビ系)で、同番組の“局長”を務める嵐の櫻井翔が体型維持のために好物から距離を置いていることを明かし、ファンの間で話題となっている。

櫻井はこの日、現在主演している日テレドラマ『ネメシス』の現場に差し入れをしたいということで、「移動式ピザ釜カー」を手作り。職人に教わりながら、ピザ釜やピザを作る様子が放送された。そんな中、櫻井がピザへの並々ならぬ思いを明かす場面があり、櫻井は「昔から応援してくれている僕のファンの人は知ってると思うんですけど、僕、好きな食べ物はずっとピザって答えてる」と発言。

続けて「Myojo(集英社)とか見ていただければ、確認していただければ裏は取れる」とうなずきながら「あるタイミングから、答えなくなった。ピザとは」としみじみ。その理由については「好きすぎるがゆえに、僕本当に好きだから1枚とか全然食べちゃう。そうすると、この仕事してて体重の増加が気になるから。好きだから距離を置いてる」と明かしていたのだった。

この櫻井の発言を受け、ネットでは「一時期顔がまん丸だったよね」「太るとパパそっくりになるもんね」「すぐ二重顎になっちゃってるし」「櫻井くんって顔むくみやすそう」といった納得の声がある一方、「しっかり管理していてすごいな~」「好きなものを我慢してくれてありがとう」「頭皮にも悪影響だから正解。ずっとアイドルでいて下さい」とそのストイックなプロ意識に称賛の声が多数上がっていた。

「櫻井さんといえば顔が丸顔で首が太く、それでいて肩幅が狭くなで肩だったりするので、顔に少し肉がついただけでかなり太って見えるという事情があるのでしょう。年齢も39歳とアラフォーですし、多少太っても致し方ないとは思いますが、嵐の他のメンバーが若々しいルックスをキープしているだけにプレッシャーもあるのでは」(芸能事務所関係者)

櫻井の顔の肉付きの良さが話題になったのは2015年から2017年あたりのことで、特に17年末の『NHK紅白歌合戦』に出演した際は、顔が別人のごとくむくんでしまっているとしてファンを中心に心配の声が続出していた。現在はスッキリした輪郭をキープしている櫻井だが、それは人知れぬ努力の賜物、といったところなのだろう。