なにわ男子の動きを多視点カメラでチェック!「5G LAB」によるコラボコンテンツを配信

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日系で4月17日からスタートする、関西ジャニーズJr.の大人気グループ・なにわ男子が出演する「まだアプデしてないの?」(土曜午後3:30。一部地域を除く)で、ソフトバンクが提供するキャリアフリーのコンテンツ配信サービス「5G LAB」とのコラボが決定。番組放送開始とともに、なにわ男子によるさまざまなオリジナルXRコンテンツが配信される。

同番組は、なにわ男子のメンバーである西畑大吾、大西流星、道枝駿佑、高橋恭平、長尾謙杜、藤原丈一郎、大橋和也が、昭和、平成、令和と時代を経るごとに変化してきている価値観をアップデートし、新時代のアイドルへとステップアップしていくことを目指すバラエティー。彼らがアイドルとしてさらに“アップデート”し、“国民的アイドル”へと近づいていくために、さまざまな価値観を学習していく。

番組とソフトバンクが提供するコンテンツ配信サービス「5G LAB」がコラボしてスタートする「アプデラボ」(https://yahoo.jp/IqpfeMh)は、なにわ男子がさまざまなことに挑戦していく“実験企画”となっている。

「5G LAB」は、昨年3月にサービスを開始。スポーツやコンサート、舞台のVR映像をライブ・オンデマンド配信で楽しめ、最前列よりも前の座席にいるような、迫力のVR映像を体験できる「VR SQUARE」、音楽ライブ・ダンス・スポーツなどを色々な視点から視聴できる「マルチカメラ」や見たい人だけにフォーカスできる「推しカメラ」など、さまざまな機能で今までにない映像を楽しめる「FR SQUARE」など、バリエーション豊かなコンテンツでユーザーを楽しませている。

今回「アプデラボ」は「FR SQUARE」のコンテンツからスタート。FR(Free view point Reality=多視点)の名称の通り、メンバー7人の表情や動きをきっちりと追う7台の個人カメラに、全体を捉えるカメラを加えた計8台のカメラ、八つの視点で「アプデラボ」を楽しむことができる。通常の番組では、MCが進行をしている時には、MCが画面に映ることが通例だが、このFRを使ったコンテンツでは、進行役がしゃべっている間も、別の人を見ることができる、まさに「推しをずっと見られる」コンテンツとなっている。

まずこの「FR SQUARE」コンテンツで、なにわ男子が挑戦するのは「ミッション・イン卓球」と題した、ラリーをしながら与えられたミッションをこなすという、卓球を“アプデ”した競技だ。

最初の対決は、大西と道枝が「相手の好きなところ」をカメラに向かって言いながらラリーをするというミッション。大西は「みっちーのいいとこたくさん知ってる」と自信満々。一方の道枝は「流星くんも運動神経あんまりよくないから(勝てる)」と、ミッションとは違った視点から自信を見せる。卓球で対決する2人を捉えるカメラ、そして対決を見守るメンバーたちを捉えたカメラで、存分になにわ男子による「ミッション・イン卓球」を堪能できる。

さらに、その後も対決は、長尾vs藤原、高橋vs大橋、西畑vs藤原と続き、ミッションも「しりとりをしながら」や「カメラに向かって決めポーズ」など、難易度はアップしていき、ラリーをするたびにメンバーが見せる多彩な表情やおかしな行動に、スタジオは爆笑に包まれる。

「アプデラボ」では、この先もさまざまなFRコンテンツに加え、VRコンテンツが企画されている。「アプデラボ」FRは、4月17日午後4:05から隔週土曜配信、「アプデラボ」VRは4月24日午後4:05から隔週土曜配信予定。