劇場版「銀河鉄道999」シネマ・コンサート再演決定!

©株式会社近代映画社

2021年2月に東京(昼夜2回)と大阪(堺)で初演し、大成功となった劇場版「銀河鉄道999」のシネマ・コンサートの再演が決定した。

初公開当時の思い出を重ねながら涙する観客も

劇場版「銀河鉄道999」のシネマ・コンサートの再演が決定した。同公演は、本年2月に東京(昼夜2回)と大阪(堺)で初演。新型コロナウイルス感染症対策として50%の収容人数での開催となったが、チケットは完売。チケットを入手出来なかったファン、会場でご覧になったお客様からも再演を望む声が数多く寄せられたのを受け、今回の再演に至った。

「シネマ・コンサート」とは、映画のセリフや効果音はそのままに、音楽パートをフル・オーケストラが大スクリーンでの映画全編上映に合わせて生演奏する、映画+コンサートをライブ感覚で体感できる贅沢なエンタテインメントショー。本コンサートでは1979年8月4日に劇場公開された松本零士・原作の「劇場版 銀河鉄道999(監督:りんたろう/脚本:石森史郎)」の全編上映に合わせ、東京フィルハーモニー交響楽団が音楽パートを生演奏。挿入歌と主題歌をタケカワユキヒデが生歌唱を披露する。さらには、リューズの歌やコーラスまでもが生演奏される。眼前でオーケストラが奏でる青木望作曲の叙情的な劇中曲の数々、そして大スクリーンに映える魅力溢れる登場人物と決して色褪せない壮大なスペースファンタジー。2月の公演では、公開当時の思い出を重ねながら、涙する観客も散見され、SNS等にもシネマ・コンサートならではの感動体験の感想が多数寄せられ、大好評を博した。

「銀河鉄道999 シネマ・コンサート −再演−」のチケットは、2021年4月16日(金)より、先行販売(先着)がスタート。指揮・演奏は前回同様、栗田博文、東京フィルハーモニー交響楽団。前回に引き続き、ゴダイゴのタケカワユキヒデもゲスト出演する。コンサート会場ならではの大スクリーンとオーケストラの生演奏で贅沢にお気に入り映画を堪能できるシネマ・コンサートをぜひ体験してみたい。

<銀河鉄道999 シネマ・コンサート/公演概要>
日時:2021年6月5日(土)16:00開場/17:00開演
会場:東京国際フォーラム ホールA

上映作品;劇場版 銀河鉄道999(1979年8月4日初公開)
上映時間:2時間30分(休憩20分込)
企画・原作・構成:松本零士
脚本:石森史郎/監修:市川 崑
監督:りんたろう/音楽:青木 望
製作:東映アニメーション
配給:東映
声の出演;星野鉄郎:野沢雅子/メーテル:池田昌子/クレア:麻上洋子/車掌:肝付兼太
キャプテン・ハーロック:井上真樹夫/クイーン・エメラルダス:田島令子
大山トチロー:富山 敬/プロメシューム:来宮良子
ナレーター:城 達也
主題歌:『THE GALAXY EXPRESS 999』『TAKING OFF』/ゴダイゴ

指揮:栗田博文
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
スペシャルゲスト:タケカワユキヒデ
女性ヴォーカル:小此木麻里
「銀河鉄道999 シネマ・コンサート」スペシャルバンド&コーラス

銀河鉄道999 シネマ・コンサート