FODにて、劇場アニメ「海辺のエトランゼ」の独占見放題配信が決定!

©株式会社フジテレビジョン

5月1日(土)より、FODにて、劇場アニメ「海辺のエトランゼ」を独占見放題配信することが決定した。

「海辺のエトランゼ」キービジュアル(C)紀伊カンナ / 祥伝社・海辺のエトランゼ製作委員会

劇場アニメ「海辺のエトランゼ」は、フジテレビが立ち上げたBLに特化したアニメレーベル「BLUE LYNX」が、2020年9月に劇場公開した、沖縄の離島を舞台として小説家の卵の橋本駿と、海辺に物憂げに佇む少年・知花実央の初々しくも、もどかしい関係を描いたアニメ。

橋本駿 (C)紀伊カンナ / 祥伝社・海辺のエトランゼ製作委員会
知花実央 (C)紀伊カンナ / 祥伝社・海辺のエトランゼ製作委員会

原作は、紀伊カンナの大人気コミック「海辺のエトランゼ」(祥伝社)。アニメーターであった紀伊カンナが、2010年からイラストレーターへ転身し、2014年に初出版した作品で、当初は読み切りとしてスタートしたが、反響が大きく連載化が決定。「全国書店員が選んだおすすめBLコミック2015」では、5位にランクインした。

アニメ化にあたっては、紀伊カンナ本人が監修、キャラクターデザインを担当。そして、『ダンガンロンパ The Animation』の演出を担当した大橋明代が監督を務めている。

さらに、駿と実央の繊細に揺れ動く心を、人気声優の村田太志(駿役)と松岡禎丞(実央役)が表現。

左から)知花実央、橋本駿 (C)紀伊カンナ / 祥伝社・海辺のエトランゼ製作委員会

訪れた者すべてを包み込む沖縄の離島で、純粋で、あたたかく、でも不器用なふたりの恋が育まれる。

<ストーリー>

小説家を目指す青年・駿は、海辺の少年・実央に思わず声をかけた。「ちょっと、君!」――。

それをきっかけに、 実央も駿のことを意識し始めるが、彼は島を離れなくてはならなかった。「はやく大人になりたい」そう言い残し、実央は去っていく。

3年後、実央は駿のもとに戻ってきた。少しだけ大人になって。 はにかんだ笑顔を浮かべながら。