ミック・ジャガーとデイヴ・グロールのコラボ曲「イージー・スレージー」をフィーチャーし、3Dアーティスト のエクストラウェグが手掛けたNFT作品がチャリティ・オークションに

©ユニバーサル ミュージック合同会社

先日リリースされた、ミック・ジャガーがデイヴ・グロールとタッグを組んだ新曲「イージー・スレージー」。このコラボレーションに、3Dアーティストのオリヴァー・ラッタ (a.k.a.エクストラウェグ) が加わり、「イージー・スレージー」のループをフィーチャーしたオーディオ・ビジュアル・チャリティー・NFT作品を共同制作した。

この作品は、ジェミニ所有のニフティ・ゲートウェイから公開され、さらに日本時間4月16日(金)午前2時から24時間にわたってオークションにかけられ、その収益はすべてチャリティに寄付されることとなった。

この作品は、ミック・ジャガーにとってNFTのデビュー作。さらには、ザ・ローリング・ストーンズのリード・ヴォーカリストとフー・ファイターズのフロントマンが作った初めてのコラボレーション曲を讃える作品でもある。ベルリンを拠点に活動するアートディレクター/アーティストのオリヴァー・ラッタ (a.k.a.エクストラウェグ) と共同で制作されたこの30秒のオーディオ・ビジュアル作品は、人間の心の壁を打ち破りながら、社会崩壊の瀬戸際で前に進むというシュールなエッセンスを表現。世界がロックダウンからゆっくりと抜け出ていく中で、芸術的な救済の瞬間を切望する声は多い。この作品は、そうした欲求に応えるものとなっている。

「イージー・スレージー」は、ミック・ジャガーがロックダウン中に作った曲で、ミックはリード・ヴォーカルを担当。またフー・ファイターズのフロントマンであるデイヴ・グロールが、彼ならではの特徴的なドラムス、ベース、ギターを演奏し、マット・クリフォードがプロデューサーを務めている。「イージー・スレージー」は、YouTube やソーシャルメディアで視聴可能。この曲のミュージック・ビデオの撮影は、ミックの自宅とグロールのフー・ファイターズ・スタジオでそれぞれ行われている。

「イージー・スレ―ジ―」リリックビデオ

このNFT作品の売上金は、すべてMusic Venue Trust (小規模ライヴハウスの保護・保証・環境改善を目的とした英国の慈善団体) 、Back-up (病気やケガに見舞われたエンターテインメント関連の技術者やその遺族への経済的支援を行う団体) 、National Independent Venue Association (全米の独立系ライヴハウスやプロモーターの業務環境を維持・育成するための団体。略称NIVA) に分配される。また、収益の一部は環境保護のために寄付される。

こうした趣旨に賛同し、ミック・ジャガーとデイヴ・グロールはこの曲からの収益をすべて寄付する。この曲は、ミックのSNSアカウントやYouTubeチャンネルで視聴できる。

このNFT作品のビジュアル部分は、オリヴァー・ラッタ (a.k.a.エクストラウェグ) が制作し、ピンク・ソルトがプロデュースしている (協力: ギア・クアランタ) 。

この作品の詳細は、www.mickjagger.com とニフティ・ゲートウェイのオークションページで閲覧することができる。

オークションページ

■LINK

日本レーベル公式サイト

海外公式サイト

YouTubeチャンネル