鶴見区 5年で1・2万人増 国勢調査、市速報を発表

横浜市鶴見区

©株式会社タウンニュース社

横浜市独自集計による2020年国勢調査の人口・世帯結果速報が発表された。これによると15年からの5年間で鶴見区の人口は約1万2千人増加。市内18区中、港北区に次ぐ2番目の伸びとなったことがわかった。

国勢調査の市の独自集計によると、20年10月1日現在の市の人口は377万8318人。世帯数は175万3389世帯で、人口・世帯数ともに過去最高となった。15年の前回調査に比べて人口は5万3474人、世帯数は10万7771世帯増えている。

1万人超は2区のみ

鶴見区の人口は29万7555人で、港北、青葉に続いて18区中3番目。15年に比べ1万2199人増加した。10年から15年にかけては1万3178人増加していたことから、伸び率は低下しているものの、増加1万人を超えたのは港北区(1万4506人増)と鶴見区の2区のみ。

今回の結果で5年前に比べて人口が増えたのは12区。残りの6区は減少しており、金沢区(3196人)が減少数、率ともに最も大きくなった。

男性増加数トップ

男女別人口では、市内全体で4万3519人増えた女性の増加数が、9955人増だった男性の4倍を記録。14区で女性が男性を上回り、男性が多かったのは鶴見区、神奈川区、西区、中区の4区のみだった。

鶴見区をみると、男性が15万3284人で前回から5634人増え、増加数は市内トップとなった。女性は14万4271人で、同6565人増。2番目の増加だった。

世帯数では、鶴見区は14万5495世帯で18区中2番目。5年前より1万2681世帯増えた。世帯当たり人員は2・05人で、5年前の2・15人から減少。市内で14番目に小さく、2人未満に割り込む寸前となった。