マルチプレイで遊べる2Dコロニーシミュレーション「CryoFall」PC版が4月29日にアーリーアクセス終了―2週間以内に正式リリースへ

©株式会社イクセル

Daedalic EntertainmentとAtomicTorch Studioは、PC版「CryoFall」について、4月29日にSteamのアーリーアクセスを終了し、2週間以内に正式リリースすることを明らかにした。

「CryoFall」は、SFシミュレーションのサンドボックスに、オンラインサバイバルやRPGの仕組みを組み合わせたマルチプレイヤーコロニーシミュレーションゲームだ。

本作では、プレイヤーは忘れ去られた惑星への移住を目指し、農業、工業、貿易、探検などをマスターしながら、複雑な社会を構築し生活していく。手斧やクロスボウなど原始的な石器時代からスタートし、バトルメカやプラズマライフルなど宇宙時代のテクノロジーを獲得しよう。

なお本作には、平和的な植民地化を望む人のための専用PvEサーバーと、環境との戦いだけでなくお互いの戦いを楽しむプレイヤーのためのPvPサーバーが用意されている。

2019年4月のアーリーアクセス・ローンチ以来、数多くのアップデートが行われてきた本作だが、フルリリース時にも追加のアップデートが予定されているとのこと。

■「CryoFall」アップデート概要

「CryoFall」では、バランス調整のアップデート、新しいバイオマス、クリーチャー、アイテム、テクノロジー、クエストの他に、外交・政治やファクションシステム、大規模な電気・原子力発電のアップデート、乗り物やメカ、さらにはボスバトルやワールドイベントなどの新機能が追加されています。

「CryoFall」の充実した機能の紹介

  • 石油精製やリチウム抽出などの複雑な工芸品や産業
  • 原始的、工業的、近代的、未来的、SF的なテクノロジーの変遷
  • 作物の成長シミュレーション、肥料、灌漑などの農業、多様な料理の選択肢、さらには釣りも
  • パワーグリッドシミュレーションによる電力システム。発電機、蓄電装置、電力消費者を作成
  • 世界をより速く探索したり、戦闘で使用するための民間および軍用の車両。
  • バイオニックインプラントやサイバネティックインプラントで、キャラクターに新たな能力を与えたり、ステータスを向上させたりすることができます。
  • 通貨の発行、複雑な取引、プレイヤーが管理する自動販売機など、プレイヤー主導の経済。
  • 丁寧に手作りされたゲームワールド(+マップエディター)
  • いくつかのバイオマス(温帯、砂漠、熱帯、北方、荒れ地、火山など)を含む多様な環境
  • 複雑なキャラクター・シミュレーションには、様々な効果や苦悩があります
  • 化学、物理、医学などのサイエンス要素
  • 複雑な特殊化オプションと派閥システムによる意味のあるプレイヤーの交流
  • 公式およびコミュニティがホストするPvE、PvP、およびMODサーバー
  • リアルタイムでのコード編集やオープンソースのゲームコードを含む広範な改造機能
  • 自社開発の「Renkei Engine」により、数百人規模の同一サーバーでのプレイが可能
  • 独自に開発したシステムによる広範なアンチチート対策

Steam
https://store.steampowered.com/app/829590/CryoFall/

(C) 2019 Daedalic Entertainment GmbH. The Daedalic logo is a trademark of Daedalic Entertainment GmbH, Germany. All rights reserved.CryoFallTM, RENKEITM Engine (C) by AtomicTorch Studio Pte. Ltd.