戦闘せず、挙動だけをひたすら眺める『戦車の履帯を愛でるアプリ』のiOS版がリリース! 物理エンジンで動く無限軌道が、延々と眺められる魅力を放つ

©株式会社イード

戦闘せず、挙動だけをひたすら眺める『戦車の履帯を愛でるアプリ』のiOS版がリリース! 物理エンジンで動く無限軌道が、延々と眺められる魅力を放つ

戦車が登場するゲームは数多くありますが、そのほとんどは戦闘を主軸に置いており、戦場での激しい戦いを表現するものが大半を占めています。

ですが、このたびiOS向けにリリースされたのは、戦車をモチーフとしながら戦闘は一切なし。ただ戦車を動かし、物理エンジンで動く“履帯”をひたすら眺めるだけのシミュレーションアプリ。タイトル名もずばり、『戦車の履帯を愛でるアプリ』です。

“履帯”とは、戦車やブルドーザーなどの車両を動かす足回りのこと。今や「キャタピラ」の名前で知られていますが、これはキャタピラー社の登録商標。部位としての一般名称としては、無限軌道やクローラーなど様々な呼び方があります。

本作における戦車の役割は、その姿と動きを見せるだけ。3D空間の中で自由に疾走、旋回させ、その挙動をひたすら眺めて楽しむ作品です。

特筆すべきは、車両や“履帯”の緻密な動き。戦車ゲームの大半は、多数の車両を同時に出す場合が多く、一両一両まで事細かに描写するのは難しいケースがほとんど。しかしこの『戦車の履帯を愛でるアプリ』は、一両だけをとことん描写しているので、大作の戦車ゲームと同等以上の挙動をたっぷり見せてくれます。

そのリアルな挙動は、平地での走行だけでなく、空間内に置かれた坂や階段の上り下りでも存分に発揮。地形に合わせて、弛み、歪みながらも車体を力強く運んでいく“履帯”の動きは、いつまでも眺めていられる魅力に溢れていました。

挙動をとことん見せるこだわりぶりは、戦車の発砲にも込められています。本作は戦車を操作できるだけでなく発砲も可能ですが、これは敵を撃破するための仕組みではありません。アプリの紹介文を引用させていただくと、「あくまで反動で揺れる車体を愛でるためのギミック」とのこと。戦車と“履帯”を見せることのみに特化した、非常にユニークかつ優れた作品だと、この下りだけでも分かります。

このアプリは無料でダウンロードできるので、この優れた挙動を手軽に楽しむことが可能。また、3分の操作ごとに広告の閲覧が求められますが、iOS版は250円を支払えばタイムリミットなしでプレイできます。まずは触れてみて、気に入ったら課金を一考してみましょう。

操作できる車両は、「T-34/76」「T-34/85」「KV-I」「KV-II」の4両。じっくり戦車を眺めたい方や、こだわりの挙動を眺めて癒やされたい人は、『戦車の履帯を愛でるアプリ』を導入してみてはいかがですか。iOS版に先駆け、Android版もリリースされているので、ポケットのスマホに戦車を忍ばせてみるのも一興でしょう。


iOS版『戦車の履帯を愛でるアプリ』

https://apps.apple.com/jp/app/tank-physics-mobile/id1561692393

Android版『戦車の履帯を愛でるアプリ』

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.Chobi.TankPhysicsMobile

臥待 弦