戦没者に追悼の祈り 愛川で献花台

厚木市・愛川町・清川村

©株式会社タウンニュース社

献花する小野澤町長

愛川町三増の高峰忠霊塔で4月9日、戦没者追悼のための献花台が設置され、戦没者遺族ら45人が追悼の祈りを捧げた。

愛川町内には3カ所の忠霊塔があり、例年4月上旬に、このうちの1カ所を会場として戦没者追悼式を開催している。

追悼式では戦没者遺族などが参列するが、昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となった。今年度は、感染予防のため式典は行わないが、同忠霊塔に献花台を設置し、遺族らが追悼を行えるようにした。

この日は、午前9時の開始時に小野澤豊愛川町長をはじめ、町遺族会などが献花し、戦没者を追悼した。