ドラマ『アウトランダー』:原作9巻目がクリスマスにリリース 著者が明かす

©株式会社AXNジャパン

シーズン7の更新が決定したドラマ『アウトランダー』にちなむ、新たなニュースが伝えられています。原作者ダイアナ・ガバルドンのSNSによると、小説『アウトランダー』シリーズの9巻目の発売日が、年末に決定しました。

『アウトランダー』(OUTLANDER)

20014年に出版された第8巻『Written In My Own Heart's Blood(原題)』から、待望の新刊ニュースです。ドラマ『アウトランダー』の原作者、ダイアナ・ガバルドン(Diana Gabaldon)がツイッターでシェアしたところによると、新刊『Go Tell the Bees That I Am Gone(原題)』の発売日が12月23日に決定しました。

ダイアナはまた、本のカバーも投稿。英国版と米国版はデザインが違いますが、どちらも青みががったグリーン地にゴールドの文字が描かれています。ダイアナはファンとこの本をシェアすることを楽しみにしているとコメントしました。

第9巻のオフィシャル情報では、アメリカ独立戦争の最中を舞台に、バラバラになったクレアとジェイミーのフレイザー家が一堂に会するようです。しかし戦争の影響で一家は危機に瀕します。

小説『アウトランダー』シリーズは、10巻完結を予定しています。

米Starz局で放送するドラマ版『アウトランダー』は、現在シーズン6の撮影中です。クレア役のカトリーナ・バルフ(Caitriona Balfe)、ジェイミー役のサム・ヒューアン(Sam Heughan)などが出演します。またドラマの更新も決定し、シーズン7が制作されることになっています。

アウトランダー

原題:OUTLANDER

アメリカ

more

(引用記事:https://ew.com/tv/outlander-season-6-starts-shooting/