フジ女子アナ“ステマ騒動”他局に飛び火!?「あそこはタダ」日常茶飯事か

©株式会社日本ジャーナル出版

フジテレビ女子アナステマ騒動、当たり前だった? (C)週刊実話Web

フジテレビの女子アナたちが文春砲に見舞われた。

「彼女たちは、有名美容室でヘアカットなどの他、ネイルやマツエクなども無料でやってもらい、その見返りに店の看板の前などで写真を撮影。自身のSNSにアップするなどして、宣伝をしていたのではないかと疑われているのです」(女性誌記者)

いわゆる「ステルスマーケティング」、通称ステマの疑いがかかっているのだが、特筆すべきはその人数。局内で調査を受けているのは『めざましテレビ』MCの井上清華アナ、『ノンストップ!』MCの三上真奈アナ、『プライムオンラインTODAY』MCの宮澤智アナら、7人にも上る。しかも、ほとんどがエース級の人気アナだ。

「平日夜の『Live News α』や日曜夜の『Mr.サンデー』といったお堅い報道番組のキャスターを務める三田友梨佳アナも、別の美容室で〝優遇〟されていたそうです。自身の公式インスタに写真を投稿し、それを店側に引用させる〝リポスト〟と呼ばれる巧妙な手口で宣伝していたアナウンサーもおり、悪質だと批判が集まっています」(同・記者)

「ウチの常連客なんですよ」と言いふらしたい店側

ところが、「こんなの日常茶飯事だ」というのは美容関係者だ。

「他の局でも、美容院やネイルを無料で提供してもらっていた女子アナはたくさんいますよ。女子アナたちも、それを当然のように享受してきました。代々、先輩の女子アナから『あそこはタダにしてくれるよ』と紹介されて、その美容室に行くようになることも多い。若手の人気アナを紹介すると、先輩女子アナも株が上がって、ますますいい待遇を受けられるのです」

この関係者によると、美容院だけでなく「美容クリニック」などでも、女優やタレントは当然のように無料という所が多いという。

「女子アナはタレント以上にイメージがいいので、店側も『○○アナはウチの常連客なんですよ』と言いふらしたい。有名人をタダにするかしないかは、美容院側の経営方針によりますが、タダのところに有名人が集まっているのも確かです」(同・関係者)

タダほど怖いものはないのだが…。

この記事はいかがでしたか?