ギャル曽根“息子の大食い”に苦悩…「1.5升炊きでも足りない」驚愕DNA明かす

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)まいじつ

4月12日に都内で『タカラ レシピコンテスト2021』記者発表会が開催。審査員を務める大食いタレントのギャル曽根と、夫婦料理家ユーチューバーとして人気のぐっち夫婦(Tatsuya、SHINO)が登壇し、『宝酒造』商品の活用術を語った。

同コンテストは、「タカラ本みりん」と「タカラ料理のための清酒」を使用した、日本一のオリジナルレシピを決定するというもの。

「タカラ本みりん」を使った感想を問われると、ギャル曽根は「昨年参加して、和食だけでなく洋食でも利用できたのは、本当に驚きでした。昨年は、ケチャップにみりんを入れるオムライスで主人から『いつもよりおいしい』と言われました!」と、喜びを見せた。

また、ギャル曽根は「主人が、子供のお昼ご飯を作ってくれるようになりました。また、娘も一緒に野菜を切るようになって、主人も野菜を食べるようになりました」と、日常の変化を語った。

“息子の成長スピード”に驚愕するギャル曽根

続いて、ぐっち夫婦が考案した同商品の〝夫婦で一緒に楽しく作れるレシピ〟を用い、ギャル曽根が調理を実演することに。

Tatsuyaは、「『ごろっとたけのこ入りルーローハン』は台湾のローカルフードなのですが、最近人気の料理です。フライパン1つでできるので、おすすめです」とレシピのポイントを語った。ルーローハンを試食したギャル曽根は、「おいしい! ルーローハンはお店で食べるイメージでまだ作ったことがなかったです。家でも試してみます」と、米1粒残さずに平らげた。

(C)まいじつ

また、小学校3年生の息子を持つギャル曽根は、「小学校2年生のとき『給食が足りない』って増やしてもらったのに、学校から帰ってきておにぎりを6個食べて、その後お昼ご飯も食べるんです。中学になったら1.5升炊きの炊飯器で足りるのかな?」と受け継がれた〝大食いDNA〟を告白し、会場を和ませた。

最後に、「前回も(アレンジに)たくさん驚いたので、今回も『あっ!』と驚くレシピをお待ちしています」とコメントし、イベントを締めくくった。

今年からYoutubeチャンネルを開設し、料理動画を配信しているギャル曽根。自身も度肝を抜かれるという、子どもの成長記録にも注目だ。