【バイプレイヤーズ百名鑑】岸井ゆきの「現場を堪能し、はしゃぎました」

©ブロードメディア株式会社

映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』に出演する岸井ゆきの (C)「バイプレイヤーズ2021」製作委員会/(C)2021「映画 バイプレイヤーズ」製作委員会

日本を代表する名脇役たちが本人役で登場するドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズ(テレビ東京系)。2021年、新プロジェクトとして、ドラマ第3弾『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』(テレビ東京系)と、映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』(公開中)が始動。総勢100名以上が出演する本作を彩る、個性豊かで豪華すぎるキャスト陣をチェックしていこう。

◆File No.095 岸井ゆきの

100人を超える役者たちでにぎわう撮影所バイプレウッドを舞台に、濱田岳を中心とした若手俳優たちが“犬”を主役にした映画を撮影すべく奮闘する中、ベテラン俳優たちをも巻き込んださまざまなトラブルが巻き起こっていく劇場版。

出演にあたり、岸井は「この度はバイプレイヤーズの仲間に入れていただき光栄です。ありがとうございます!自分の役を演じるのは難しくも楽しかったです。短い時間でしたがバイプレイヤーズの現場を堪能し、はしゃぎました」とコメントを寄せている。

岸井ゆきの/1992年2月11日神奈川県出身。2009年にドラマ『小公女セーラ』(TBS系)でデビュー。その後、映画、ドラマ、舞台でキャリアを重ね、2016年にはNHK大河ドラマ『真田丸』、2018年には連続テレビ小説『まんぷく』に出演しブレイクを果たす。2017年公開の初主演映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』で第39回ヨコハマ国際映画祭最優秀新人賞を受賞。主な出演作に映画『愛がなんだ』『前田建設ファンタジー営業部』、ドラマ『モンテ・クリスト伯 ‐華麗なる復讐‐』『ルパンの娘』(フジテレビ系)、『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)、『天国と地獄 ~サイコな2人~』(TBS系)、『浦安鉄筋家族』(テレビ東京系)など。4月2日公開の映画『ホムンクルス』に出演中。

●映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』STORY

富士山の麓にあるのどかな撮影所バイプレウッド。民放各局の連ドラや映画など沢山の組が撮影していて100人を超える役者たちで大賑わい。田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一ら元祖バイプレイヤーズもネット連ドラを撮影中。主演は有村架純だ。楽しく撮影が始まろうとした時、有村が共演している犬の風(ふう)がいないことに気づく。風は行方不明になっていた。心配する有村に、田口、松重、光石は風に何があったのか語り始める…。