鈴木京香“犬猿”のウワサ払拭! 米倉涼子『ドクターX』共演バトルへ

©株式会社日本ジャーナル出版

米倉涼子&鈴木京香、犬猿の仲を払拭し共演へ (C)週刊実話Web

国民的脚本家・橋田壽賀子氏の死去で、再びクローズアップされる形となった泉ピン子とえなりかずきの〝犬猿の仲〟。

「橋田先生の大ヒットドラマ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)で親子を演じた2人ですが、2015年を最後に〝共演シーン〟がなくなってしまいました。生前、先生も2人の不仲を認めていました。案外、多いんです、共演NGというのは。ウワサも多いんですけどね」(テレビ局ドラマスタッフ)

その中の1つと言われ続けてきたのが、鈴木京香と米倉涼子だ。

「2人は、01年の連ドラ『非婚家族』(フジテレビ系)以来、もう20年も共演がないんです。京香が米倉との仕事に難色を示しているらしいというウワサがウワサを呼び、2人を同じ番組にキャスティングするのを避けるようになったのです」(芸能リポーター)

しかし、そんなウワサを払拭するようなイベントが、先日、行われたのだ。

「個人事務所の設立1周年を記念して開かれた、米倉の初となるエンターテインメントショー『Ryoko Yonekura-DISFRUTA 2021-』が4月1日から4日まであり、日替わりのシークレットゲストの1人として、京香が登場したのです」(芸能ライター)

米倉涼子自らアンタッチャブルトーク

客席後方から笑みをたたえながら、紙袋を持って舞台に上がった京香は、「涼子ちゃん、お誕生日おめでとう」と言いつつ、紙袋からシャンパンを取り出したが、当の米倉はキョトン。

「米倉の誕生日は8月1日。〝別の涼子〟と勘違いしたのです。スキのない美人に見えますが、京香には〝天然〟なところが、たくさんあるのです」(芸能関係者)

そして、米倉自ら、「何で私たち、共演NGって言われているんでしょうね?」と、自らアンタッチャブルトークに入っていったという。

「実は、2人が通っているスポーツジムや行きつけのバーが一緒で、いつ共演してもおかしくありません。皆、変に遠慮していたのかもしれません」(同)

今秋、『ドクターX』(テレビ朝日系)新シリーズの放送が内定したという。

「京香が、この新シリーズに出演する話が進んでいるようです。ライバルのドクターとして〝白衣姿のお色気〟を競うことになれば、高視聴率は間違いありません」(前出の芸能ライター)

いよいよラストとも囁かれている『ドクターX』の新シリーズ。2人の〝対決〟に期待だ!