『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』30周年企画続々 河森正治の新マシンも公開

©ブロードメディア株式会社

アニメ『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』30周年キービジュアル(C)サンライズ

アニメ『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』の放送開始30周年記念企画としてさまざまなイベントが発表。併せてテレビシリーズ本編の無料配信が決まり、河森正治がデザインした新たなサイバーマシンも公開された。

『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』は、F1を遥かに凌ぐスピードと性能、そしてAIによるサポート等最先端テクノロジーを取り込んだマシンで競う、次世代のモータースポーツ“サイバーフォーミュラ”を描いたサンライズ製作のオリジナルアニメ。1991年に全37話がテレビ放送された。

本作の30周年を記念して、企画展「新世紀GPXサイバーフォーミュラ World Tour」、リアルレースチームとのコラボ「新世紀GPXサイバーフォーミュラレーシングwithRFC」発足、日帰りバスツアーイベント「復活!サイバーバスツアー」など、さまざまなイベントが発表された。

「新世紀GPXサイバーフォーミュラ World Tour」は、本作のこれまでの軌跡をたどるイベントとして、貴重な原画やイラスト、設定資料に加え、ファン必見のフォトスポットなどを楽しめる企画展。5月21日~6月6日に東京・有楽町マルイの開催を皮切りに、大阪、香港、台湾でも展開予定。

「新世紀GPXサイバーフォーミュラレーシングwithRFC」は、スーパー耐久シリーズに参戦する「RFCレーシング」とコラボして発足したレーシングチーム。コスプレイヤー・えなこが自身初のレースクイーン、そして公式アンバサダーとして活躍する。

このほか、観光地や温泉宿で宿泊や宴会を行い、ファン同士の親睦や声優トークショーなどで濃密な時間を過ごす企画が「復活!サイバーバスツアー」として限定復活。本作の舞台となった東京湾岸エリアをバスクルーズで聖地巡礼するほか、世界最大級の屋内型ミニチュア・テーマパーク「SMALL WORLDS TOKYO」見学、声優&スタッフによるトークショーなどが予定されている。出演は、金丸淳一、小野健一、関俊彦、速水奨、河森正治。

また、サンライズ公式YouTubeチャンネル「サンライズチャンネル」にてテレビシリーズ本編の無料配信が決定。詳細は後日、ウェブサイト「サンライズワールド」で公開予定だ。本編オリジナルスタッフとしてマシンデザインを手がけた河森正治による30周年記念新サイバーマシン「VISON ASRADA」のラフデザインも初公開。チームスゴウが打ち出した“さらなる人間とAIの限界を求めたコンセプトカー”となっている。