『桜の塔』玉木宏&関智一“のだめコンビ”共演にネット歓喜「ダブル千秋様、最高」

©ブロードメディア株式会社

ドラマ『桜の塔』第1話場面写真(C)テレビ朝日

俳優の玉木宏が主演するドラマ『桜の塔』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第1話が15日放送され、主演の玉木と捜査一課課長役の関智一が並ぶ姿が映されると、実写版とアニメ版『のだめカンタービレ』の主人公を演じた2人の共演に、ネットでは「歴史的瞬間」「ダブル千秋様、最高」といった歓喜の声が相次いだ。

本作は、警視庁を舞台に警視総監の座を巡って繰り広げられる組織内のパワーゲームと犯罪捜査、そして権力を渇望する主人公・捜査共助課理事官の上條漣の野望が交錯する刑事ドラマ。『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(2019)で東京ドラマアワードグランプリなどを受賞した武藤将吾が完全オリジナルの脚本を手がける。

第1話冒頭では、銀行で発生した立てこもり強盗事件解決に奮闘する刑事たちの姿が描かれる。捜査一課主任の水樹爽(広末涼子)ら現場の捜査員は特殊急襲部隊「SAT」の出動を要請。しかし派閥間で大きな摩擦を抱える上層部の話し合いは破談に終わり、SATの出動が見送られることに。上層部の説得に失敗した捜査員が戻ってくると、捜査一課課長・牧園隆文(関智一)は「ふざけんなよ…あんたが“自分なら上、説得できる”っていうからここまで待ったんじゃねぇか!」と一喝。

牧園を演じる関は、アニメ『ドラえもん』のスネ夫や『のだめカンタービレ』の千秋真一、『鬼滅の刃』の不死川実弥、『呪術廻戦』のパンダなど、2枚目から3枚目までさまざまな役を演じる実力派声優。彼の熱演が映し出されると、ネット上に「関智一の演技たまらん」「関さんカッケー、やはり様になりますね」などの声が相次いだ。

中盤では、上條(玉木宏)が捜査一課と共に強盗事件を解決するよう命じられる。捜査会議が始まり上條役の玉木と牧園役の関が並ぶと、玉木がドラマ版『のだめカンタービレ』で千秋真一を演じていたことから、「ドラマ版千秋先輩とアニメ版千秋先輩が並んで座ってたよ…歴史的瞬間では」「関智一玉木宏が並んでるの…感動」「ダブル千秋様、最高」と歓喜のコメントが殺到。さらに「玉木宏関智一のダブルイケボが仕切る会議なんて内容頭に入ってこないよ」「いい声だ〜」といった投稿も寄せられた。