小沢仁志、ブルーのスーツに身を包み「俺の人生に酔ってんだよ!」

©株式会社光文社

4月16日、『列島制覇―非道のうさぎ―』の配信記念舞台挨拶が都内でおこなわれ、俳優の小沢仁志らが出席した。

本作は、極道と合唱道の二足の草鞋をはく男を描いた新感覚アウトロームービー。小沢は、「非道のうさぎ」と恐れられた武闘派ヤクザ・宇佐木を演じている。

極道を生きる男が合唱団にどっぷりハマっていくユニークな展開が見どころのひとつ。

ブルーのタキシード姿で登場した小沢は、合唱シーンを振り返り、「医者から、階段落ちたり車にはねられたりするのはオッケーだけど、『歌と踊りはやめなさい』って止められてるんだよ。おかげで寿命縮んだぞ」と自虐した。

司会者から合唱の練習について切り込まれると、「思い出すだけで苦痛ですよ」と応じ、「学生時代を思い出したよ。先生が見てるから、『やべっ、声出してないのバレた』ってね。もうそれが大変で……」と話す。

小沢が演じる主人公・宇佐木は、自身の正体を隠しながら合唱団に通っている。それにちなんで「実は〇〇なんです」を発表する企画がおこなわれた。

小沢は『実は “もう酔ってます”』と告白。司会者から「一杯やってきてるってことですか?」と聞かれると、「俺の人生に酔ってんだよ!」と会場を沸かせた。

会見の最後には「マスコミの皆さん、リストはあとでもらうので、載ってないところは襲撃に行きますので。そういうことでよろしくお願いします」と報道陣に睨みを利かせて降壇した。

あまりにも「ハマり役」な小沢だった。