公文国際学園原田さん SDGsトイレ紙を完成 17の目標デザイン

横浜市戸塚区

©株式会社タウンニュース社

数種類のペーパーで17の目標をデザイン

公文国際学園3年の原田怜歩(らむ)さんが作成していた、「SDGsを漫画で学べるトイレットペーパー」が完成した。

原田さんは日本のSDGs(持続可能な17の開発目標)の認知度の低さや、自分の認識と戸籍上の性別が一致しない「トランスジェンダー」への社会的な配慮不足を問題視。多くの人にこの問題を知ってもらうため、同校の教師らとともに、絵付きトイレットペーパー作成を計画。2月中に作成費をクラウドファンディングで募っていた。

できあがったペーパーは支援者に贈られたほか、鎌倉市に1000個寄付された。今後はインターネット販売なども視野に入れているという。最新情報はhttps://plunger-toilet.studio.site/から確認できる。

5つ目の目標