華原朋美に暴行した男を現行犯逮捕! タクシーで尾行され自ら110番も残る「謎」

©株式会社東京スポーツ新聞社

暴行被害に遭った華原朋美

歌手の華原朋美(46)が〝暴行被害〟に遭っていたことが16日、わかった。

警視庁大崎署は16日、華原の腕をつかんだり、肩を押したりしたとして、自称会社員の32歳の男性Aを暴行の疑いで現行犯逮捕した。

同日午前10時33分に華原から警視庁大崎署に110番通報があった。それによると、華原が乗るタクシーのうしろをAが乗るタクシーが30分以上付いてきたという。華原のタクシーの運転手が尾行に気付き、本人に伝え、停車。Aの乗るタクシーも1台挟んでうしろに停まった。

車を降りた華原がAを問い質したところ、車内から華原の肩を押したり、腕を掴んだりしたという。Aは雑誌記者とみられ、警察の調べに「身に覚えがない」と容疑を否認している。華原から警察にストーカー被害についての事前相談は受けていなかった。暴行で現行犯逮捕とはただごとではないが…。

「Aがマスコミの関係者ならば、追跡取材していたのではないか。そこで取材をめぐってトラブルが起き、華原さんに警察を呼ばれたのではないか」(テレビ関係者)

大崎署は華原の110番通報の申告内容に基づいて逮捕した。一部情報によれば、Aは近日中にも釈放される可能性が高いという。

業界では「どうも腑に落ちない」という声も上がる今回の事件。真相は一体――。