千鳥ノブのボケに超大御所芸人が“ガチギレ”「遺骨はあかんよ!」

©株式会社東京スポーツ新聞社

千鳥・ノブ

お笑いコンビ「千鳥」のノブ(41)が16日、関西テレビの競馬番組「川島&ノブ ウダ馬なし」に出演。大先輩の西川きよし&ヘレン夫妻のマル秘エピソードを語り、共演の「麒麟」川島明を驚かせた。

「皐月賞」でエフフォーリアに騎乗する横山武史騎手は、父親もジョッキーの騎手一家。そこでノブが「家族での超成功例といえば、西川ファミリー」と芸能界の大御所一家について触れた。

先日、西川夫妻にまつわる特番の司会を務めたノブ。1日2人のゆかりの地を回り「エンディングで『これでも僕も立派な西川ファミリーになれたと思います』ってちょいボケで言ったら、ヘレンさんが『そうですね、西川家の遺骨はノブさんの家にお届けします』みたいなことを言ってくれた」という。

さらに「『いやそれはプレッシャーですわ』みたいな感じで、バッ~と(周囲が)笑ってて良かったんですけど、きよし師匠が目真ん丸にして『遺骨はあかんよ!』『遺骨はあかんよ!ヘレン!』って」と苦笑い。

川島も「どんなツッコミやねん!」も爆笑する中、ノブは「『遺骨はちゃんと西川家のお墓に入れないと』って言い出して…。だから、エンディングで僕とヘレンさんにこやかなのに、きよし師匠ブチ切れて終わった」と嘆いた。