織田信成 フィギュア羽生&宇野の奮闘に号泣! ネット上では「なんで泣いてんのwww」

©株式会社東京スポーツ新聞社

泣いちゃった

プロフィギュアスケーターの織田信成(34)が16日、テレビ朝日系の「報道ステーション」に出演。この日行われたフィギュアスケートの世界国別対抗戦(丸善インテックアリーナ大阪)の男子フリーを振り返り、号泣するシーンがあった。

同大会の男子フリーには羽生結弦(26=ANA)、宇野昌磨(23=トヨタ自動車)らが登場。自国開催だけに日本勢の活躍が期待されたが、SPとの合計点で羽生が2位、宇野が6位という結果に終わった。番組中のスポーツコーナーで松岡修造氏に感想を聞かれた織田は、感極まった表情で「コロナ禍で選手は厳しい中で頑張っているのに…」と切り出すと「仕事の立場上、僕は(解説として)上から言わなきゃいけなくて…申し訳ない」と涙を流しながら、選手たちの頑張りを称えた。

これには視聴者たちも素早く反応。ツイッター上には「織田君の解説は丁寧でとてもよかった。ありがとう!」「私ももらい泣きしてしまいました」といった称賛の声が上がった。一方で「なんで泣いてんのwww」「やっぱり泣くと思った!」と織田の号泣を“お約束”として楽しむ輩も。さらには「鳴かぬなら 報ステ出よう 織田信成」と川柳になぞらえて織田をイジる投稿も上げられていた。