Windows 10ミニTips 第607回 OneDriveを64ビット版に更新する

©株式会社マイナビ

Microsoftは米国時間2021年4月8日、64ビット版OneDriveのパブリックプレビューをリリースしたと公式ブログで発表した。現在のブランド名に改称する以前の2012年8月に登場したWindows 8は、すでに64ビット版が主流になりつつあり、当初は64ビット版OneDriveも順次登場すると思っていたが、それから約9年。ここまで待たされるとは想像できなかった。

64ビット版OneDriveはこちらからダウンロードできるものの、インストールまでには一手間必要である。OneDriveクライアントは透過的にバージョンアップするため、セットアップファイルを実行すれば済むと思いきや、筆者の環境ではOneDriveクライアントのアンインストールが必要だった。

通常のバージョンアップと異なり、Microsoftアカウントへのサインインを求められ、再びセットアップウィザードを実行せざるを得なかった。別の環境ではOneDriveはサインインも自動的に行われたが、OneDrive for Businessは再設定が必要。なお、Windows 10 Insider Previewではすでに64ビット版OneDriveがインストールされていた。

64ビット版OneDriveへの更新自体は難しくないものの、先の公式ブログによれば正式リリース時は自動的に64ビット版へ更新されるという。現時点で同期速度や内容に変化はないので、新しもの好きでなければ正式版のリリースを待った方がいいだろう。

著者 : 阿久津良和

あくつよしかず