有田哲平MCによるネタバトルがスタート!「スベったコンビはいない。メジャー級の番組です」

©株式会社東京ニュース通信社

TBSほかで4月26日にスタートするバラエティー「賞金奪い合いネタバトル ソウドリ~SOUDORI~」(月曜深夜0:58)でMCを務めるくりぃむしちゅーの有田哲平と、進行役のTBSアナウンサー、宇賀神メグと野村彩也子が見どころなどを語った。

同番組は、MCの有田選りすぐりの人気芸人たちが自慢のネタで対戦し、賞金を奪い合う前代未聞のネタ番組。勝者は対戦相手が持つ賞金を略奪。敗者は無一文に。漫才、コント、ピン芸、何でもありの総合お笑いトーナメントだ。賞金額と勝者は観客からの得票数によって決定するため、圧勝すればするほど獲得金額がアップ。さらに、各トーナメントの優勝芸人たちによるチャンピオン大会では、獲得した賞金を元手に激突。チャンピオンは、各トーナメントの優勝者が所持する賞金を総取りできるというシステムとなっている。

初回収録を終え「ネタバレになることは言えないですが、でも言えるのは『スベったな』っていうコンビはいなかったような気がしました。スベるところを見たい人にはネタバレになっちゃうんで、言いづらいんですが(笑)、みんなウケていたなと思います」と感想を語る有田。制作段階から番組作りに参加し、「こだわりがないと言ったら、うそになりますね。この格好やセットも含めて。若手の人たちと一緒にネタ番組とかいろいろやらせていただいて、この番組はどういうところでオリジナリティーを出していくかということを、スタッフの方と何回も話し合ってきました。どうせまた、有田がネタ番組を始めたんだろうと思って見たら、ちょっと面食らうかもしれません。僕自身もすごく楽しいですが、このままでいいんだろうか?とも思います」と手応えを感じつつも、新しい番組だけに未知数な部分もある様子。

第1回のトーナメントには、「第1ブロック」に錦鯉(長谷川雅紀、渡辺隆)、滝音(さすけ、秋定遼太郎)、ZAZY、「第2ブロック」にラランド(サーヤ、ニシダ)、フタリシズカ(加賀谷秀明、横井かりこる)、蛙亭(中野周平、岩倉美里)、「第3ブロック」にビスケットブラザーズ(きん、原田泰雅)、Aマッソ(加納、村上)、GAG(坂本純一、福井俊太郎、宮戸洋行)、「第4ブロック」に5GAP(クボケン、トモ)、ランジャタイ(伊藤幸司、国崎和也)、プラス・マイナス(兼光タカシ、岩橋良昌)の12組が登場。異種格闘技戦ともいえるバラエティーに富んだ出演者がそろっている。

有田は「僕は昔からプロレスとか格闘技が大好きなんですが、プロレスの世界でよくあるのが、本人たちが嫌がるカードが、実はお客さんが一番盛り上がるということ。だからキャラクターがかぶっているからここで戦いたくないなとか、『女性、ベテラン、若手』の組み合わせは戦いやすいけど、『女性、女性、女性』となったら比較されそうで嫌じゃないですか。だからこそ、視聴者の方は見たいと思うんです。なので、そういう刺激的な、そこを決めちゃう?みたいなマッチメークをどんどんしていきたいなと思いますね」と意気込む。

また、番組では、有田が「ソウドリ」CEOのドン・アリタ、宇賀神がメグ・ウガジン、野村がサヤ・ノムラとして登場。宇賀神アナと野村アナは今回が有田とは初共演となるが、宇賀神は「最初にお会いした時がもうこの服装だったので、『ドン・アリタだ! ドン・アリタが目の前に現れた!』と思って、やはりすごいオーラを感じました。でも、お話をしたらすごく気さくに優しく話しかけてくださって、支えていただきながら、なんとか収録を終えることができました」、野村は「どんな感想を言っても受け止めてくださるのが本当にありがたいです」と感想を話し、有田は「われわれ3人の掛け合いも楽しみにしてもらいたい」とアピールした。

番組での最高賞金額は40万円。「もしも40万円を手にしたら何に使うか」と問われると、有田は「楽屋で話しながら盛り上がったんですが、豪邸を立てるために貯金したいですね。ドン・アリタ的には、シャンパンを飲んで終わりなんですが、有田としては子どもも生まれて養育費もあるので、しっかり貯金させてください」と現実的な回答。

宇賀神は「メグ・ウガジンはブランド物のバッグを買わせていただきたいです。でも、宇賀神メグは地味な私生活を送っておりますので、貯金させていただきたいです。つまらない答えですみません」、野村は「サヤ・ノムラとしては、ゴールドのマイクを買いたいです。純金のマイクが欲しいですね。自分なら貯金をしたいですが、テレビをランクアップさせたいです」とコメント。するとここで、有田が突然野村に対し「公文式だよね」と野村がかつて出演していたCMネタをブッ込み、野村は苦笑いで切り抜けていた。

最後に、有田は「見ていただくと分かると思うんですが、深夜番組ですが、メジャー級の番組になってますので、ずっと見続けていただいたら、必ず違った景色を見せられると思います。この先、時間帯も全然違う場所で、すごく長い時間で見れるような展開に必ずなっていくと思いますので、シーズン1、2、3と、1回も見逃さずについてきてください!」と力強く呼びかけた。