交通事故防止を啓発 新入学生が1日警察署に

川崎市麻生区

©株式会社タウンニュース社

制服を着て敬礼をする篠原くん(左)と浅井さん

市立南百合丘小学校の新1年生・浅井真希さん、篠原哲輝くんの2人が4月9日、麻生警察署の1日警察署長として、新百合ヶ丘駅前で交通安全の啓発活動を行った。

これは、4月6日から15日まで行われた「春の全国交通安全運動」の一環で、「子ども、高齢者の交通事故防止」の啓発キャンペーンとして行われたもの。制服を身にまとった2人は、同署で飯塚宏司署長から一日警察署長としての委嘱状を受け取った後、新百合ヶ丘駅前に移動。関係団体が集まる中、「交通安全スタート」と元気よく号令をかけると、白バイのサイレンとともにキャンペーンがスタートした。2人は関係者と一緒に、反射材と交通安全を訴えるチラシが入った啓発グッズを通行人に手渡した。

一日警察署長を体験した浅井さんは「楽しかった。チラシを配るのが恥ずかしかった。これからも交通事故に気を付けたい」と話し、篠原くんは「制服が着られてうれしかった。将来、警察官になりたい」と感想を話していた。

飯塚署長は「子どもがかかわる事故が多い。こういう子どもたちが事故にあって怪我をしないように、区民のみなさんには交通ルール、交通マナーを守り事故には気を付けてもらいたい」と話した。

啓発グッズを配布