春の全国交通安全運動 二俣川駅で呼び掛け

横浜市旭区

©株式会社タウンニュース社

通行人に啓発チラシなどを配った

春の全国交通安全運動(4月6日〜15日)の初日である6日、相鉄線・二俣川駅で交通安全キャンペーンが実施された。

この日は、旭警察署をはじめ、旭交通安全協会や旭安全運転管理者会など警察の外郭団体が参加。交通ルールやマナーを改めて注意喚起し交通事故防止につなげようと、通行人に啓発チラシや御守りなどが入った袋を配布した。

冒頭の挨拶で、旭警察署の本城宏一署長は「交通事故を1件でも減らせるよう、啓発活動を行って意識向上につなげたい」とコメント。旭交通安全協会の小磯守会長は「今日、明日に小学校の入学式があるので事故のないよう見守る」と話した。また、権藤由紀子区長は「旭区内では交通事故は減少傾向だが、この運動を機にルールの順守を徹底してほしい」と呼び掛けた。

今回の運動で、全国的に重点を置かれている項目は「子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保」「自転車の安全利用の推進」「歩行者等の保護を始めとする安全運転意識の向上」の3点になっている。