Snow Man『滝沢歌舞伎ZERO』120分大詰め演出レポ

©株式会社光文社

約2年ぶりに『滝沢歌舞伎ZERO』が新橋演舞場に帰ってきた! 昨年の公演はコロナ禍の影響で残念ながら中止となり、代わりに初の映画版が公開された。映画の完成度も抜群だったけど、やっぱり生で見る熱気と迫力は別格! Snow Manの9人も「仕上げてきた」状態で、技もダンスも歌もキレキレ! 最高&最強の120分を徹底レポートしますーー!

花吹雪が舞うなか歌い踊るオープニング曲の『ひらりと桜』。初演ではピンクだった花びらは、映画版から引き続き真っ青な桜に。これは、コロナ禍で戦う医療従事者へ向けて感謝の気持ちを込めたもの。白いステージに深い青が映え、とても美しい幕開けだった。

その後も、緊迫感のある殺陣や大迫力の「腹筋太鼓」、歌舞伎メークで挑む「五右衛門ZERO」など、滝沢歌舞伎名物が続くのだが、とにかくすべての完成度が高い! Snow Manの9人が満を持して、約2年ぶりの舞台に全力で臨んでいるのがひしひしと伝わってきた。

前半最後の演目では、雨や噴水など約10トンの水を使い、熱のこもったダンスを披露。佐久間大介(28)いわく「溺れそうになる(笑)」とのことだが、びしょぬれになりながらすべてを出し切るように踊る彼らに思わず見とれてしまった。

後半の時代劇パートでは、初演&映画版からある大きな変更点が。深澤辰哉(28)演じるお丸の愛犬あべぞう(阿部亮平・27)の代わりに、ダテタマ(宮舘涼太・28)という新たな犬が登場したのだ。いつもクールな宮舘のコミカルな演技に観客は大盛り上がり。

そして登場人物が入り乱れ殺陣やアクションを披露する大詰めは、長屋に見立てた舞台が回転し、メンバーが縦横無尽に駆け回る大迫力の演出。最後には大量の桜吹雪が舞うなかで9人が大見えを切り、壮麗な雰囲気で幕を閉じた。

フィナーレは出演者全員で歌い上げる『With Love』。コロナ禍という困難を乗り越え、こうしてまた9人そろって舞台に立つ彼らを見ることができ、感無量だった。

「女性自身」2021年4月27日号 掲載