土浦市消防団、「通訳隊」が発足 災害時外国人支援

©株式会社茨城新聞社

通訳隊の発足式で誓いの言葉を述べる李榕さん=土浦市田中町

大規模災害時に避難所で外国人を支援する茨城県土浦市消防団の「通訳隊」の発足式が17日、同市田中町の市消防本部で行われた。外国人や日本人6人が出席し、活躍を誓った。英語や中国語など4カ国語の通訳専門の活動を担う。

通訳隊は、災害時に専門で活動する「機能別消防団」の一つとして設けられた。通訳隊は28〜78歳の男女の市民7人が入団。国籍は中国2人、日本5人。英語、中国語、スペイン語、タイ語に対応する。主に避難所で困っている外国人住民の通訳をして、行政の支援につなげる。

発足式で、団員6人は緊張した表情で川崎隆義消防団長から辞令とベスト、帽子を手渡された。中国籍の李榕(りよう)さん(31)が宣誓書を読み上げた。李さんは「災害時に自分の力を出して外国人の人たちを助けられれば。防災についても勉強したい」と意欲を語った。