大谷翔平、最短で21日に登板

本拠地レンジャーズ戦か

©一般社団法人共同通信社

マウンドで投球練習するエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスのマドン監督は17日、右手中指のまめの影響で登板を見合わせている大谷翔平の次回先発について、最短で20日午後6時38分(日本時間21日午前10時38分)開始予定の本拠地でのレンジャーズ戦になると示唆した。18日に状態を確認した上で決める。

 大谷は4日の投打同時出場後、12日に投球練習を再開した。17日のツインズ戦前には本拠地エンゼルスタジアムのマウンドに上がり、変化球を交えて30球の投球練習をした。

エンゼルスの大谷翔平(ゲッティ=共同)