【東建ホームメイトカップ】アマチュア中島啓太は2位 17番パー5で痛恨の池ポチャ「大きい1打差」

©株式会社東京スポーツ新聞社

ゴルフの国内男子ツアー2021年初戦となる「東建ホームメイトカップ」最終日(18日、三重・東建多度CC名古屋=パー71)は金谷拓実(22)が1打差の通算11アンダーで優勝した。アマチュアの中島啓太(20=日体大)は17番パー5で痛恨の池ポチャ。1打差の2位だった。

大会は出場していた金庚泰(キム・キョンテ、34=韓国)が新型コロナウイルス陽性と判定されたため、3日目(17日)が中止となり54ホールに短縮された。
17番のティーショット。「風の向きも(飛距離的に)池に届くこともわかっていた」中島がドライバーで打ったボールは右サイドの池へ入れてしまう。

池の手前からの3打目もグリーンに乗せられず。何とかパーセーブしたものの、バーディーの金谷との差は「2」となった。

それでも18番は10メートルほどのバーディーパットを強気でねじ込んで、金谷が3パットならプレーオフという状況をつくる。

結果的に金谷は2パットのパーでホールアウトして1打差で逃げ切ったものの、最後まで食らいついてきたプレーに「このパットは入れてくるな、と感じていた。素晴らしい選手。これからもツアーに出てきて名前が出てくるから、自分ももっともっと頑張らなきゃいけない」と認めさせた。

ギャラリーがいれば大いに沸いていたであろうシーンをつくったことにも「金谷さんを追い詰めたとは全然思っていない。この1打差には大きな差があると思う」と話すなど、満足はしていない。

今後は「中日クラウンズ」(4月29日開幕)と「ダイヤモンドカップ」(5月13開幕)にも出場予定。今回の悔しさを糧に、そこでどんなプレーを見せてくれるかが楽しみだ。