「山河令」の俳優ゴン・ジュン、大ブレークの影響で4年前の主演ドラマも配信へ

©株式会社 Record China

武侠ファンタジードラマ「山河令」でブレークした俳優ゴン・ジュン(龔俊)が4年前に主演したドラマ作品が、ブレークの影響で掘り起こされ、タイトルを変更して配信されることが分かった。
2019年に人気沸騰した「陳情令」に続き、今年2月から配信された同じくブロマンス時代劇の「山河令」がヒットを記録。主演したゴン・ジュンもブレークし、直近のデータで計8社が新たにイメージキャラクターとして起用。先月末、芳香ブランドのイメージキャラクターに起用されると、発表から1時間以内に商品の販売量が4万個を突破、売上額も1000万元(約1億7000万円)を突破する人気となった。
ゴン・ジュンが主演した2017年のドラマ「夢幻西游之超級玩家」がこのほど、タイトルを「指尖少年」と変更し、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)でドラマの宣伝を再びスタートしている。さまざまな要因で4年間ずっと日の目を見ることがなかったこのドラマだが、映画・ドラマの情報サイトの豆瓣(Douban)によると全20話で構成された作品。ゲームの世界をベースに、現代と古代を行き来するタイムスリップの物語となっている。
15年にデビューしたゴン・ジュンは、17年のドラマ「酔麗花~エターナル・ラブ~」(酔玲瓏)で皇子役を演じて注目されるようになった。同じ時期に撮影された「指尖少年」は現在、配信時期は未発表だが、ファンには待望の一作となっている。(Mathilda)