マンデーリポート 変革期に挑む 工作機械各社、中国需要に沸く 中部経産局管内8社2月受注 2.6倍80億円超に

©株式会社中部経済新聞社

 中部の工作機械各社が、中国の需要に沸いている。中部経済産業局が発表した管内工作機械メーカー8社の2月の中国向けの受注額は、前年同月比2.6倍の80億5700万円と大きく膨らんだ。受注額は景況の先行指標ともいわれ、中国が単月で80億円を超えたのは、昨年12月を除くと工作機械業界がピークだった2018年6月以来。過去10年間をさかのぼっても4度しかない。日本国内の回復の足取りが重いなかで、中国のけん引力が目立っている。